« ガガガ文庫『GJ部中等部 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 8』 »

電撃文庫『サイハテの聖衣』

三雲岳斗さんの日常系戦場ファンタジー、ってことで、
電撃文庫MAGAZINE連載のまとめ。らしいです。
そんなのやってたのか…。

雑誌買ってるのに積みまくりで全然読めないで、単行本を先に読むとか、
もう何が何だかわからないよ私……。

妖獣に制圧された日本を舞台に、霊装を以て戦う少女達のお話。
というか、少女達の「日常」のお話。

設定だけだとなんだか某パンツじゃないから恥ずかしくないアレっぽいですが、
生死をかけた凄絶さは全くない、まったりコミカルな部分のみで構成されてます。

4人娘それぞれ過去にワケ有りな風にも見えましたが、気のせいだったぜ!
妖獣はともかく、霊装の方は結構いい感じの設定がついてて、
そっちはそっちで心躍りますが、まずはのんびりしたい人向けってことで。

●サイハテの偶像
主人公? の、大剣娘さんのお話。羽々姫ちゃん良い子だよ!
とはいえ、なんだか世界観の説明みたいな感じではありますが。

お金にシビアだと世界観がリアル……というか、生々しくて分かりやすいですな。

本気を出さないのはお金がもったいないからって設定はすげー好き。
だんだんとグダグダになって、この巻の最後で既に封印解きまくりですけどね!

しかし、羽々姫ちゃんの一番のツッコミどころは、この戦闘衣装じゃねえかと。
他の人も胸元見えてはいますけど、羽々姫ちゃんのこれは……!
全くカケラもそんな描写でてきませんけど、これ見えてますよね!
元アイドルだからちょっとくらい見せるのは有りなのか!?

●ナマクラの英雄
グータラだけどいざという時には頼りに……ならない、火炎鞭な先輩のお話。
暗い過去なり失敗なりがあるようで、ただ寂しかっただけみたいな、
そんな紗々羅さん可愛すぎです。

世界観的には本気で生死をかけて、日本の存亡を担った頃の事が、
チラッと出てきますが、それでどうという事も無いのが紗々羅さん。
この話だけだと、あんまりグータラでもない気がしますけど。

●コワガリの優等生
才能はあるけど要領が悪い、手裏剣巫女さんなお話。
巫女服じゃなくて、忍者なんですけどそんなの関係ねぇ!
どう見ても早苗さんです。本当にありがとうございました。

トラウマによる二重人格…? と思いきや、ただ暴れて終わるというあっさりさ。
これは錯乱? 錯乱なのか? ってか、お父さんの末路が哀れ…。
なんか巫女だけに普通に見えちゃうのかと思ったです。巫女じゃないですが。
しかしこの聖衣ってやつは、ある程度自分好みになるんですかね。
手裏剣とか完全に鳴々葉専用って感じですが。

●ノミスギの令嬢
おっとりお姉さん風な鉄扇使いの先輩のお話。
結界とか広域爆撃とか、カッコ良いよね。

しかしタイトル、のんべえでもなんでもないじゃん、って最後まで思ってたが、
飲んでるのは薬の方ですね。鈍くてごめんなさい。
毎月一回どう見ても死んでるとか、なにその体質……と突っ込ませてください。
怪しい薬を飲んだら生き返ったり縮んだりネコ耳生えたり爆弾になったりと、
一番、トンデモな話ですが魔法薬だって言われちゃえばそれまでか…。

ネコ耳巨乳であざとい鳴々葉より、幼女になった全裸の紗々羅先輩だろ!
そのチョイスはおかしい。

ココまで来てようやく気付きましたが、みんな名前の音が重なってるんですな。
羽々姫、紗々羅、鳴々葉、そして音々さん。

それでは、また。


関連

ストライク・ザ・ブラッド 2

アスラクライン 9

ダンタリアンの書架 8

|

« ガガガ文庫『GJ部中等部 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55349888

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『サイハテの聖衣』:

« ガガガ文庫『GJ部中等部 2』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない 8』 »