« 電撃文庫『断章のグリム 13』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 14』 »

スーパーダッシュ文庫『サカサマホウショウジョ 2』

SD新人さん、デビュー作の続巻。

魔法少女と言いつつ、いろいろとカオスっぷりを発揮していたので、
続きといわれてもピンとこないですが、読めば分かるさってことで。

ゆうまがアンノンとイチャイチャしたり、お姉さんとイチャイチャしたり、
初等部のお友達とイチャイチャするために、
爆破したり泣いたり爆破したり笑ったりする話。

相変わらずのシュールギャグにちょっとのシリアス路線を乗っけて、
熱血と可愛さで正義を貫く、イキオイのある作品。

山田と嵐の天才高校生たちは影が薄くなって、
学院初等部がメインになり、ついにゆうま主人公です! 帯に偽りなし!
山田がハッスルしない分カオスさが減ったのも、
よく言えば「読みやすくなった」ですし。

という事で、カラー口絵イラストも随分とロリ重視ですが、
本文もほぼそのままの内容で、内容の統一感は増してますな。
もうサクねぇとか、千葉サドルさん頑張り過ぎです。
魔法少女の衣装なのかこれは……!?

サカサマなテーマに関しては、ちょっとこじ付けな気がしなくもないですが、
良い姉妹話、良い友情話としてそれぞれ楽しく読めました。
もっともっとゆうまは勢い任せでもいい気はしますが、
律儀にツッコミを入れるのは前巻でもそうだったですな、そういや。

山田と嵐がアレなので、ラブ分が劇的に減っているわけですが、
その反動なのか、後日談が作者妄想過ぎやしませんかね。
サクヤさんがチョロイのは納得いかない(ゆうまとくっつけYO的な意味で)し、
ワコがチョロイのも納得いかない(ゆうまとくっつけYO的な意味で)です。
ワコは大変ごちそうさまだったのも確かですが。

意味ありげなあとがきですが、
このまま第3巻が出るのか新シリーズか、なんとも微妙な感じって意味ですよね?

それでは、また。


関連

サカサマホウショウジョ 1

|

« 電撃文庫『断章のグリム 13』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 14』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55429168

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーダッシュ文庫『サカサマホウショウジョ 2』:

« 電撃文庫『断章のグリム 13』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 14』 »