« ガガガ文庫『GJ部 8』 | トップページ | ガガガ文庫『GJ部中等部 1』 »

ガガガ文庫『GJ部 9』

ありがとう。卒業。

って事で、三年生卒業とともにGJ部完結。

季節に同期してたので、作中時間そのままの2年間でしたな。
そっか、始まった頃に高校1年2年だった人は、もっと感慨深いんだろうな。
そう思うと、すごいなこの小説……!

●アムネジアの風
記憶喪失ネタ。まぁ、自分がこんなハーレムにいるとは思わないよね。
しかし、キョロの空気読めなさ加減といったら半端ないです。
思っても言わないだろ! 思っても言わないだろ!!!
部長と霞ちゃんの涙目ハグとか、良い目見過ぎです。

●風邪のまん中
キョロが風邪引いたのはどうでもいいけど、
キララさんのしみつの病気はなんだったのかとか、
口移しで水欲しい? と聞く霞ちゃんとかが気になり過ぎる。
聖羅ちゃん、君だけが唯一の良心だよ……。

●ライトユーザー
作家名など知らない、タイトルもうろ覚え、表紙もうろ覚えで、
しかしそこから作品を導き出すのは、ヘビーユーザーには心躍る展開。
「十巻だけ禁書扱い」でようやく分かったわけですが、
言われてみれば木刀で分かってもよさそうだったなぁ…。くっ…!

●ブラコン
「なぜ嫌われてると思うのか」という、部長の疑問はごもっとも。
とはいえ、家族フィルターがあるのも確かにその通りで。
っていう雰囲気を吹き飛ばすあのメールはやっべーよ。うん。

ただ、この巻最後までを読んでると部長の疑問は違う意味にも……やっべー!

●協定解除
うわああああ!!! キョロきさまああああああ!!
貰えないと貰えないで、なんだか可哀想にも思えますが、
貰った時のこの負の感情の爆発連鎖。本気でウゼェ!
それにしても部長のひみつがダイナマイト級。恵ちゃんのアレよりもよっぽど…!

●キララの日
最後にふさわしい各キャラ個別デート。
中でもキララさんの無言デートがぐっときました。
雰囲気重視というか、大人の余裕というか、この落ち着いた感じ。
すごく素敵でした。さすがキララさんです。

●卒業式近づく
お別れのキモチ。ふとしたきっかけで出ちゃいますよね。男の子だもの。
先輩を送った経験ってあんまりないんですが、分かる気がするのは、
知ったかなんだろうか。

●次の部長は……
噛みつかれた。……えっ!? ええええええええええええ!!!!?
協定じゃないですけど、特別になるとは思ってもみませんでした。
まさかまさかとは思いつつも、実際そうなるなんて……!

という事で、気になりつつも清々しい終わり方でしたな。
2年間、9冊非常に楽しい時間でございました。ありがとうございました。
アニメは……卒業までやるのかな。

それでは、また。


関連

GJ部 8

GJ部 7

GJ部 6

|

« ガガガ文庫『GJ部 8』 | トップページ | ガガガ文庫『GJ部中等部 1』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55346419

この記事へのトラックバック一覧です: ガガガ文庫『GJ部 9』:

« ガガガ文庫『GJ部 8』 | トップページ | ガガガ文庫『GJ部中等部 1』 »