« MF文庫J『緋弾のアリア 10』 | トップページ | 7月からの注目なラノベ新刊リスト »

MF文庫J『緋弾のアリア 11』

帯はともかく、あらすじにアニメ化うんぬんっていうのは、
なんだか妙な感じがしてしまうんだけど……。しかも過去形……。

なんだろう、この感じ。嫌儲?

めでたく妹ちゃんを攻略して仲間に引き入れた所で、
妹ちゃんの保護者(?)登場で怒られる話。

それはそれはイチャラブライフを堪能しているキンジに、
ついに鉄槌の展開で、全部お前のせいだあああああああああああ!!!
と、読者の怒りが爆発する感じ?

ただ、一度戦った敵は全て味方の法則に基づいて、
読み終わってみると「なんなのこの茶番ェ……」感が半端ねぇです。
戦いはいつだって無益……ではないけど、空しいモノです。

そんなこんなで、兄弟喧嘩終了でございます。弟かよ!
Rランク武偵とか、上級ヒステリアモードとか、言ったもん勝ちだなぁ…。

ここのところ、女にうつつを抜かし過ぎなキンジ君だったので、
こうして男キャラとガチバトル……つまり、たらしこまないで勝つというのは、
久しぶりなんですかね。

25倍だとか75倍だとか100倍だとか、界王拳かよって感じですが。

一方のヒロインズ、バスカービルの面々はまたまたフルボッコだし、
かなめも調子に乗った分だけフルボッコな上に、変なフラグ立てをしたせいで、
随分な窮地に陥ったりもしましたが、まぁ、落ち着く所に落ち着きまして。

でも、ヒロインは慢性的に飽和気味だから、
この分だと、かなめってAAの方で活躍しだすんじゃなかろうか…。

そして、さり気なく水着回で、ものすごく気合の入ったイラストが拝めます。
アリア、白雪、理子と可愛いとうより変態の域の面々に対し、
レキのこのシンプルさ加減。じっと眺めてるとタダの下着に見えてきて、
やっぱり変態じゃねーか、となりますが。

前巻のピンナップジャンヌさんくらいがいいですね。はい。

さてすっかり忘れられてる眷属の人たちは、次巻では出るのかな…?

それでは、また。


関連

緋弾のアリア 10

緋弾のアリア 9

アストロノト! 3

|

« MF文庫J『緋弾のアリア 10』 | トップページ | 7月からの注目なラノベ新刊リスト »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55144488

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『緋弾のアリア 11』:

« MF文庫J『緋弾のアリア 10』 | トップページ | 7月からの注目なラノベ新刊リスト »