« ファミ通文庫『まかでみックス 8』 | トップページ | 6月からの注目なラノベ新刊リスト »

ファミ通文庫『まかでみックス 9』

ついに最終巻。ネオ・ハイブリッド学園ラブコメ。
……何とナニのハイブリッドなんだっけか。科学と魔法が交差する時?

さておき、満を持してという感じですなぁ。
帯下のクフィさんも花嫁衣装だし!

万尋との決戦、決戦、大決戦です。

もうそれしかない! って感じで前巻来てますからね。
その展開はどんな読者でも、あらかじめ予想してましたでしょう。
千里なら、千里ならきっとなんとかしてくれる…!

とはいえ、どうやってだったりどうなっただったりは、
かなり予想の斜め上を飛び越えた感じで、笑わせてもらいました。

スカイタワーに魔法王子に混沌委員会、そしてエピローグ。
ツボったのは大体この辺り。

とりあえず話に触れるとネタバレなので、キャラクターごとで。
それでもネタバレますが。

●千里
嫌よ嫌よも好きのうちでしたな。ん、いや、ただのツンデレか?
最初から最後まで王道の主人公でございました。満足。
しかし、本物出てきて何するんだと思ったら、こうなるとはねぇ…。
今後的には、お兄ちゃんに頑張ってほしい。
ここから始まるギャルゲーライフですので。

●クフィール
結局、ずっと一緒にいましたし。当然の結果といえますな。
でもこれってよく考えるとペット姦……ゴフンゴフン
幸せなのは良い事なんですが、最後はまさかの発覚でした。そこまでやったか。
ツバメちゃん超GJだと思います。

●テジャス
こいつが喋ると途端にアレな雰囲気になってとっても素敵だと思います。
最後のこの巻でもちゃんと喋る機会があってよかったです。
このまま他のご主人さま見つけてもいいんじゃないかな。
別のシリーズにしれっと出てくるならこいつという気がする。

●ミーティア
前シリーズに引き続きの三人娘ということで出て来たようなもんだけど、
登場巻だけだったな。存在感があったのは。
性癖がちょっと、あまりにも尖り過ぎたのかもしれませんけど。
もうちょっと頑張っても良いと思います。ってか頑張って欲しかった!

●ウーラ
最後に機剣持たせるのは、おおという感じで。
部族的に考えてランサーかと思いきや、二代目セイバーか…。
実妹との対比で、後の方でも役目はあったけどパッとはしなかっただけに、
今巻の見せ場がカッコ良かったです。
とはいえ、まさかヤツのハートを射止めるとは思わなかった…。
いやぁ、颯爽とかっさらっていったなぁ…。

●拓人と愉快な仲間達
始原的神魔創造者SUGEEEEEEEE!!!
ただのファンサービスで終わらない辺りが、さすが榊さんというか。
なんだか最後まで頼り無い前作主人公だな……とか思っててごめんなさい。
しかし、落ち付いちゃった鈴穂は本当に存在感というものが……。

●榮太郎と愉快な仲間達
駄目でしたか。割と……可愛いと思ったけども。
猫耳メガネメイド、ミュセさん。萌え道は業が深いなぁ。
この最後の最後で急に存在感無くなってしまったけれど、
シリーズ序盤で燃え尽きましたかね。まぁ、拓人が頑張ってるしな。
エーネさんはもうちょっと嫉妬して良いと思います。

●混沌委員会
最後に見せ場作りやがってww
若干名だれだか分からない奴がいるなぁ、と最後だから頑張って調べて
出てきたのをメモっておきます。
読んだのは半分くらい……。いやぁ、多作だなぁ。

<逆らうもの(レベリオン)> スピノザ
 (ドラゴンズ・ウィル/富士見ファンタジア文庫)
<賛美歌の娘(キャロルズ・ドーター)> ラクウェル
 (スクラップド・プリンセス/富士見ファンタジア文庫)
<終わりの魔獣(ドラグーン)> シャノン&ゼフィリス
 (スクラップドプリンセス//富士見ファンタジア文庫)
<性悪巫女(フォクシィ・パイセネス)> 紅葉
 (君のいた昨日、僕の見る明日//富士見ファンタジア文庫)
<仮想聖女(アニマ)> キャロル
 (世界で一番優しい機械/EXノベルズ)
<虚ろなる幻想(エンプティ・デキュージョン)> G・G
 (ストレイト・ジャケット/富士見ファンタジア文庫)
<二重虚言(フェイク・フェイク)/HJ文庫> パミル
 (模造王女騒動記フェイク・フェイク)
<異生物使い(ディスパレイト・ハンドラー)> トルク
 (ディスパレイト!/富士見ファンタジア文庫)
<偶像破壊者(イコノクラスト)> 省吾
 (イコノクラスト!/MF文庫J)
<詐欺師(トリックスター)> 橘北斗
 (クラック・ハウンド/トクマノベルズEdge)
<獣耳の使徒(ケモノミミスト)> シュタイン教授
 (まじしゃんず・あかでみぃ/ファミ通文庫)
<紅の殲滅姫(クリムゾン・アニヒレイター)> コーティカルテ
 (ポリフォニカ赤/GA文庫)

そんなこんなで、まかでみでやり過ぎたみたいな事も書いてますが、
9冊、あるいは25冊楽しかったです。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

まかでみックス 8

まかでみックス 7

まかでみックス 6

|

« ファミ通文庫『まかでみックス 8』 | トップページ | 6月からの注目なラノベ新刊リスト »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/54846374

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『まかでみックス 9』:

« ファミ通文庫『まかでみックス 8』 | トップページ | 6月からの注目なラノベ新刊リスト »