« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の13件の記事

ファミ通文庫『まかでみックス 8』

1年ほど積んでました…。榊さんの実験作。

バシバシ謎が明かされていく、あとは終わりまで一直線な8冊目です。

続きを読む "ファミ通文庫『まかでみックス 8』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『あなたが踏むまで泣くのををやめない!!』

御影瑛路さん、渾身の悪ノリ作品。

あれ、同じ本出てなかったっけ? と思ったら2巻でした。
新シリーズと間違えてる人もちらほら…。
まぁ、2巻から読んでもそれはそれでって感じはしますが。

続きを読む "電撃文庫『あなたが踏むまで泣くのををやめない!!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『あなたが泣くまで踏むのをやめない!』

タイトル通りというか、幼女に踏まれたい人のためのお話。
よくあるっちゃよくある感じですが、御影瑛路さんが書いてるってのが、
なにより驚き。

伏見つかさ先生も「悪魔に魂を売ってしまったのか!?」と言いだすレベル。

続きを読む "電撃文庫『あなたが泣くまで踏むのをやめない!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『アトリウムの恋人 2』

現実を侵食する仮想空間な、いつもの土橋さん。
計画通りなのか、軌道修正が入ったのかよく分からんですが、
割と今までどおりに戻ってきました。

続きを読む "電撃文庫『アトリウムの恋人 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『アトリウムの恋人 1』

MW文庫に出張(?)してたので、
電撃ではちょっと久しぶりな土橋真二郎さん。

MW文庫作品もちゃんと買ってるけど読めてない。
イラストの有無は思ったよりも読むモチベになってるのかもしらん。

続きを読む "電撃文庫『アトリウムの恋人 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガガガ文庫『放課後あいどる』

電撃文庫の「さくら荘のペットな彼女」でお馴染みの、
鴨志田一さんによるアイドルもの小説。

アキバの実在するお店をモチーフにしたお話なんだとか。

続きを読む "ガガガ文庫『放課後あいどる』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川スニーカー文庫『ベティ・ザ・キッド 下』

秋田禎信さんの集中連載、完結編。
過酷な環境の星の運命と人の生き様と。

続きを読む "角川スニーカー文庫『ベティ・ザ・キッド 下』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川スニーカー文庫『ベティ・ザ・キッド 上』

2009-2010でザ・スニーカーに連載されていた、
秋田禎信さんのロードノベル。

上下巻完結ですっきり(?)終わる、砂漠のロマンなお話です。

続きを読む "角川スニーカー文庫『ベティ・ザ・キッド 上』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ 1』

ラノベ界隈では絵師さんとしてお馴染の榎宮祐さんが、
イラストも「本文も」担当で出しちゃったファンタジーノベル。

療養生活で持て余した暇をぶつけちゃったらしいです。
これで漫画家兼イラストレーター兼小説家か……。

続きを読む "MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ 1』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『よめせんっ! 5』

表紙がはいてない卒業ですが、水着なだけです。
水着だからせーふ。という訳で、水着回。
前回も大概、大水の話でしたけどね。今回はちゃんとプールがあるよ。

続きを読む "電撃文庫『よめせんっ! 5』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『よめせんっ! 4』

ついに3巻の壁を突破なハートフルラブコメ。
やはり世の中……と思わなくもないですが、何はともあれめでたい!

時代は……ねこがみさまだな!

続きを読む "電撃文庫『よめせんっ! 4』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 2』

早くもっていうか狙っていたんでしょうけど、
コミカライズが始まってるようです。シリウスか―。

某『がおられ』もやってるし、大手コミック誌出してる出版社だから、
使わない手はないってことですかね。
ネタが貯まらないウチからってのがちょっと不安なんですが…。

続きを読む "講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 2』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『さくら荘のペットな彼女 7』

ドラマCD化にアニメ化と狙い済ましたメディアミックス。

キャストの中では赤坂がヤバイですね、ほっちゃん男役ですよ。
メイドちゃんの???も、どう考えてもほっちゃんとしか思えないですが、
とすると、赤坂自分の声でメイドちゃん作ったとかなって、
なんだかいろいろ妄想がひろがりまくりです。

続きを読む "電撃文庫『さくら荘のペットな彼女 7』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »