« メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の探し物』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の忘れ物』 »

メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の失くし物』

山口幸三郎さんの探し物探偵ミステリ。
ナンバリング無いんでアレですが、こちらが2巻。

幼な妻vs通い妻vs舎弟と、ラノベ風に穿って見ても、
割と良い線いってるんじゃないですかね!? と、煽ってみます。

殺人事件に巻き込まれるわけでも、銃撃戦を繰り広げるわけでもない、
些細な探し物を見つけ出す探偵の活躍を描いた物語。

……と1巻では言っていたのですが。

4話中2話が犯罪巻き込まれ話で↑の基準からするとアウトな感じ…。
方向性が良く分からなくなってきました。旅人さんの明日はどっちだ。

●老舗の味
探し物は「隠し味」なお話。

そういう風にまとめるとその発想は無かった…ミステリ的に考えて。
なのですけど、家族をテーマにしたほっこり話です。

しかも、旅人さんの「目」に頼るというアンバランスさですからね。
なんかそれおかしくね? と思ったのも束の間、あっという間の解決で、
割としてやられた感でした。
ハヤシライス食べたくなってきた!

●死体の行方
現金輸送車襲撃犯が仲間割れして、一人が隠した現金を探すお話。

旅人さん以外出てこない、というか出てこられない異色の雰囲気。
のんびり気味の旅人さんも場違いっちゃ場違いなんですが、
これがまた狸なもんで、うまくマッチしちゃってますよね。

完全に悪魔の甘言です……。こええ……。

●母の顔
保育園のとある問題児(問題親?)をたしなめるお話。

可哀想思考で理論武装を完備してしまった人への、一つの回答と言う感じで。
もちろんケースバイケースなんだろうけど、昨今の虐待報道を見てると、
誰かどうにか出来ないものなのかなぁ、という気持ちになる。

うまーく理論誘導してハッピーエンドな回答を導いてるのは良かったが、
どんなにウマい回答でも、伝わらないんだろうなぁ…と思ってしまったり。
「バカにしてるんでしょ」になったら終わりだよなと。

と同時に、待望のテイちゃん話でもありまして。
テイちゃんの事情はどうなってんだと、クエスチョンが増えるだけですが…。

●罪の匂い
借金取りに追われたダメ彼氏と、それについていく彼女さんの事情なお話。

闇金に麻薬にと完全に裏社会の事件を解決する、
ある意味で正統派な探偵モノらしいお話。

初っ端の旅人さんの過去回想も、かなり凄絶で、
「視覚以外を眠らせている」どころの話じゃねえ! っていう。
なんか想像と……かけ離れてきてる……。

暗黒面とか不穏な空気しか無い感じになっちゃってますが、
軌道修正(?)の余地があるんだか無いんだか。

それでは、また。


関連

探偵・日暮旅人の探し物

|

« メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の探し物』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の忘れ物』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/54224081

この記事へのトラックバック一覧です: メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の失くし物』:

« メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の探し物』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・日暮旅人の忘れ物』 »