« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 | トップページ | 電撃文庫『三井澄花と四角い悪魔 1』 »

一迅社文庫『ゆるゆりノベルアンソロジー』

文庫版型じゃないけど、レーベルは一迅社文庫なのでいいよね。
アニメの勢いでやっちゃいましたな、ノベルアンソロ。
表紙からして\アッカリーン/という不遇さもアニメならでは。

一迅社となじみの深い…という訳でもない作家さん3人による、
思い思いのゆるゆり愛が表現されたアレコレです。

●ゆるい夏の日
シーズン先生こと森田季節さんの掌編集。
アニメのノリをこじらせた感じ。実にフリーダムです。
いつか見たような、ありそうでなかったような、いろいろなネタ。
ツッコミ無用でスルー推奨というか。

それでも敢えて言わねばなるまい。とにもかくにも\アッカリーン/さ加減が酷い。
思いっきりメタで、1話まるまるいないのはまだネタと分かりますが、
良く考えると最初と最後しかいないような……これは愛なのか?
可愛がってはいるんだろうけど。

●ゆるっと生徒会
瑞智士記さんの短編。

森田さんの原稿を見てビビッと来たということで、
ノリが似てる。フリーダム。

こっちはアニメでは絶対にやらない、思い付いても自重しただろう、
そんなネタという気がする。

生徒会の○存とか、どうしてこうなった……!!
赤ちゃん繋がりでウマい事いったつもりか!
そもそも、ゆるゆりは別にパロディとかネタにしてるわけじゃないよね!

森田さんのもそうだけど歳納京子大好きなんだろうなぁ。
そういう意味では、あかりは…。うん。可哀想な子…。

●眠れぬ夜のトライアングル
菅沼誠也さんの短編。

前の二つのノリとは大きく違って、正統派ノベライズと言う感じ。
京子ちゃんとあかり、結衣とちなつちゃん、そして櫻子と向日葵の
ガチなゆるゆりです。感動した!

あかりがちゃんと出てくるのこれだけじゃないのか、
という感動もありますが、京子ちゃんもキャラ維持しつつ、
年上っぽさやら、友達っぽさやら距離感がしっかりしてて良いです。
ラムレーズンは友達の味!

結衣ちなの話は、ちなつちゃんの変態度数はかなり高めですが、
ガチでやったらそもそもそういうキャラなんだよね。
強いて言えば、結衣はそこまで流されるキャラなのかどうかくらい。

さくひまも実に良い親友百合話でございまして、
怖がりで寂しがりのご両人がとても可愛い。

いやー、百合って本当にいいものですねー。

それでは、また。

|

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 | トップページ | 電撃文庫『三井澄花と四角い悪魔 1』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/54135385

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『ゆるゆりノベルアンソロジー』:

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 | トップページ | 電撃文庫『三井澄花と四角い悪魔 1』 »