« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 1』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 »

HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 2』

ネットで話題のこれはひどい23世紀コメディ。

どうしてこんなになるまで放っておいたんですか!
と言いたくなる23世紀観が合うか合わないかですな。

21世紀から戻ってきたら、「漢字のある23世紀」でさあ大変! な2巻。
元の世界に戻そうと再び21世紀へ行って、過去改変の大罪人と対決です。

いや、大変じゃないよそれでいいよと思わなくもないけれど、
良い話風に誤魔化されておく事にします。

この辺のタイムスリップにどことなくバックトゥザフューチャーを感じて、
懐かしい気分になったりもしたんですが、それはそれ。
これは、あくまで「かんじよむ いもうと」であります。

前巻エピソードの完結編と言う感じで、前巻ではただ恥ずかしい漢字を読まされて
それなんてエロゲだった妹、クロハちゃんがちゃんと妹ラブコメします。
……それはそれで、それなんてエロゲですけどね!

幕間での文芸雑誌な話に、「きぶんいくなる みず」の前後不覚話、
でもって止めの幼少期話と、周到に読者を陥れてます。
お兄ちゃんはアレなので完全スルーですけど。

未来を取り戻す話は……まぁ、驚異的な展開ではありますが、
感動というよりは、苦笑せざるを得ないというかそんな感じで。
発明家を出せばなにしても良い、などと思うなよ!

お話としては巧い事まとまったんじゃないかな、
と思っていたのですが、しかし3巻への引きが……。強気だな。

それでは、また。


関連

僕の妹は漢字が読める 1

|

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 1』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/54129839

この記事へのトラックバック一覧です: HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 2』:

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 1』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 2』 »