« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 11』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 2』 »

HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 1』

第五回HJ文庫新人賞の銀賞受賞作。
漢字の衰退した二十三世紀を生きる、とある兄妹の物語。

ラノベ読めどもHJまで全然手が回らない今日この頃なのですが、
「僕は~ない」系長文タイトルに盾突く妙なキャッチーさと、
Webでの評判を聞いてちょっと気になったので。

漢字表現が衰退し、萌え文法が正統派文学作品と呼ばれる二十三世紀。

そこで育った「まともな」男の子である主人公が、
マイノリティとなった近代文学を愛好する妹ちゃんとラブコメしたり、
うっかり二十一世紀にタイムスリップして時代の転換点を目の当たりにしたり。

ストーリーで言えば兄妹モノのシスコンラブコメなんですが、
とにもかくにも、この酷い二十三世紀像が楽しい。

その解釈はねーよw というパロディもとい遺物が出てきたり、
二次元による国家統治やら、文壇論争やらがアホすぎます。

いくら萌えに理解を示されたって、
おもむろに幼女のぱんつを被るのがOKになる世界とか嫌だ!

二十三世紀の現代文もなかなか強烈……。

平易化されることで想像の余地が膨らむ……という言い訳があったけど、
その想像を表現するのもまた言葉であって、どう…なのかな。
言葉なき想像は表現の壁を超えるのだろうか。

とか言うとなんだかカッコいい気がするけど、
ただ、ひとことバカじゃねーので終わりでも十分。
そんなおバカな世界観をひたすら胸中で笑いながら読むのが正しいのだろうな。

また、鈍感野郎である主人公と、ド変態であるオオダイラ先生も、
なかなかの笑いスポット。
かなりあざといので好き嫌い出てきそうですけど。

真面目なクロハちゃんも苦労しますな。惚れた弱み的な感じが涙を誘う。
ラブコメの駆け引き的な所は、割とテンプレ。

世界観とあわせて良くも悪くも新人さんだなということで。

というか受賞作なのでこの巻で終わると思いきや、
ただの前半に過ぎないというのが、なかなか衝撃的だったです。
応募作どこまでだ…?

それでは、また。

|

« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 11』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 2』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/54026135

この記事へのトラックバック一覧です: HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 1』:

« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 11』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 2』 »