« 一迅社文庫『シオンの血族 3』 | トップページ | 電撃文庫『ウチの姫さまにはがっかりです…。 2』 »

角川スニーカー文庫『日常の小説』

角川コミック『日常』のアニメ合わせなノベライズ。

何のかんので話題になったような、そうでもないような…。
しっかりした作りだったですけどねー、アニメ。

ノベライズですが、つまりドタバタコメディ小説です。

はかせが無邪気に阪本さんを締めたり、
ゆっことちゃんみおが、麻衣ちゃんワールドに取り込まれたりします。
なのは狭間でいろいろと苦労を背負いこみます。

ネタそのものは日常っぽい、と分からなくもないんですが、
小説にしちゃうとどーもクドいというか、なんというか。

ただそこにあるだけのボケがキラリと光るのが『日常』なので、
読者の中だけにあるはずの内心のツッコミが、中の人もしてると、
あれこれやっぱ日常じゃないじゃんと、我に返ってしまう…のか?

とかく、ギャグの解説があるみたいで、あれれ…あれれ…って感じでした。

「白紙かよ!?」くらいの勢いでずっとやって欲しかったな。

まぁ、あんまりやると「スレイヤーズかよ!?」というツッコミがあるでしょうが、
それはそれで。

それでは、また。

|

« 一迅社文庫『シオンの血族 3』 | トップページ | 電撃文庫『ウチの姫さまにはがっかりです…。 2』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53907708

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『日常の小説』:

« 一迅社文庫『シオンの血族 3』 | トップページ | 電撃文庫『ウチの姫さまにはがっかりです…。 2』 »