« 電撃文庫『学園キノ 5』 | トップページ | 2011年の読書メーター »

ガガガ文庫『GJ部 7』

4コマ小説、2年生編の秋がやってまいりました。

とはいえ、学園イベントの文化祭は無く、
代わりに夏祭りに行ったりとか、焼きイモ食べたりとか、
こたつ様復活とか。

秋独特というよりは、冬の前という感じがします。

●クレヨンの日・綺羅々
自己紹介話。それまでに他の3人が終わっているんですが、
綺羅々さんが一番良かった。

何故なら、口の大きさが桁違いだから。
部長に噛まれるのは普通だし、紫音さんや恵ちゃんに噛まれるなんてのは、
どう考えてもご褒美です。そこへ来て、さすが綺羅々さんは格が違った。

それにしてもタマぇ……。

●タマ鍋
タイトルそのままで、完全にタマのキャラが仔猫です。
本当にありがとうございました。

しかし、それを見た部員達のアクションが鬼畜すぎる。
わーるどわいど公開とか、いじめだろう……。

●プロレス技
寝転がっている京夜に組みつくタマ。
完全に後輩キャラを通り越して妹キャラです。なにその新密度。

極め技しっかり入ってるみたいですが、
おんなのこに極められるとか幸せすぎるだろう。
腕とか足とかやわらかい所に当たりませんか?
スカートのまんまですけどガードしっかりかかってますか?

●絵本ファイヤー
部長の時もそうでしたが、烈斗君に対する京夜の反応が香ばしい。
今回も踏みとどまらないとか、完全キャラ崩壊ですよね。

妬いてるのか? と噂されるだけはあるというか。どう見ても…ねぇ。

●じゃじゃーん
タマちゃん変身の巻。

この絶望感……。なんということだ……!

●聖羅ちゃんという子
落とされた!! 聖羅ちゃんもキョロ様に落とされた!!

妹ちゃん、ジルと来て、聖羅ちゃんは大丈夫なんだと思ってたのに。
毒舌キャラとは別人格なのか…。

●来年の話
うーむ。8巻以降も続くって話だけど、どうする気なんだろう。

まぁ、まずは8巻を読めってことか。

それでは、また。


関連

GJ部 6

GJ部 5

GJ部 4

|

« 電撃文庫『学園キノ 5』 | トップページ | 2011年の読書メーター »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53592588

この記事へのトラックバック一覧です: ガガガ文庫『GJ部 7』:

« 電撃文庫『学園キノ 5』 | トップページ | 2011年の読書メーター »