« 電撃文庫『しにがみのバラッド。リバース。』 | トップページ | 11月からの買いたい本ども »

電撃文庫『キノの旅 15』

今年もやってきましたキノの季節。10月。

学園キノの頃はいろいろありましたが、
この頃はぼちぼち順調なようでなによりです。

●見つけてしまった国
楽をして稼ぐお話。

楽をして失敗するお話は数あれど、楽をする事は悪いわけじゃない。
では何が悪いのかしらね。気持ちの問題か?

●白い国
特産品の貝でもって、料理から建材から成り立っている国のお話。

なぜなら貝が増えすぎてしまって、それは貝を食べる鳥がいなくって。
という、生態系を大事にしようね! というお話。

キノにたくさん食べさせたかっただけじゃないか、と思わなくもないですが。

●ケダモノの国
雪深い山奥の国に現れた大熊を退治するお話。

嫌な……事件だったね……って感じです。
雪上決戦が見所。

大熊の凶悪さで、目の前真っ赤になること請け合い。
しかし、師匠さんの装備もいつにも増して大火力さを発揮。
なんでこんなに気合入ってるの…。豚肉のため?

●マニアの国
銃のコレクターさんに自慢の一品を見せつけられるお話。

一品どころか壁一面ですが。オチが割と秀逸。
集めることが目的なんですよね。

何気に新しい銃をゲットしているキノさんの今後の活躍はいかに。

●過去のある国
誰もいないはずの国にいた人達と過ごすお話。

過去を作るのは簡単なんだなぁ。
子供にアレな過去を見せたくないという気持ちは分からなくもない。

とはいえ、長老さんのこの説明は懺悔という事なのかな。
ウソは後から罪悪感がジワジワと来るからなぁ。

●フォトの日々
とある孤児と、モトラドのお話。

「雲の中で」「雲の前で」のその後のお話きたー。
この本の中では一番好き。

名無しの奴隷さんな時は性別すら分からない状態でしたが、
こうして立派になっちゃって…。

●ジャーナリストの国
「キノ」についてのお話が爆発的に広まっている国でのお話。

ちょっとどう受け止めたらいいか分からない感じではあるけど、
先代キノの事なのかな。

旅人がそのまま暴露しても信じてもらえないから、
作者の言質をとったということか。

●犯人のいる国
あんまり治安のよろしくない国で起きた連続殺人事件の話。

滞在先で何が起ころうと食べて寝てのマイペースなキノですが、
キノが「森の人」を奪われるという大失態。
俄然やる気になって犯人と直接対決です。

やっぱり「森の人」に対しては思い入れが深いんだなぁ、としみじみ。

●戦って死ぬということ a/b
戦争をしている国で出会った部隊長さんとの会談なお話。
今回、シズ達のお話はこれだけ。

洗脳のギミックは分かるんだけど、ティーの悟りっぷりが恐ろしい。

ティーの「そろそろだろ?」「そろそろだ」「そろそろのはずだ」とか、
どこの喪黒福造さんですかあなたは…並みに驚異的なインパクトでした。

●あとがき
なにそれ美味しそう!

それでは、また。


関連

キノの旅 14

メグとセロン 6

学園キノ 4

|

« 電撃文庫『しにがみのバラッド。リバース。』 | トップページ | 11月からの買いたい本ども »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

マニアの国はとある話につながってたりします。
レーザーサイトを付けると3発撃てることやこの後向かおうとしてる場所の季節を見てると気付くかも…?
なんて今さらですかね?

投稿: | 2011年11月22日 (火) 15時14分

コメントありがとうございます。
言われて記憶を探って確認しました。

うさぎのお話ですな…。装弾数とかレーザーサイトとかすっかり忘れてました。
情報どうもです!

投稿: サトロ(管理人) | 2011年11月23日 (水) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53152073

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『キノの旅 15』:

« 電撃文庫『しにがみのバラッド。リバース。』 | トップページ | 11月からの買いたい本ども »