« 11月からの買いたい本ども | トップページ | ガガガ文庫『灼熱の小早川さん』 »

電撃文庫『神様のメモ帳 8』

もともと多シリーズ同時展開とかしてる人ですけど、
今までを考えるとバンバン出るのはかなり違和感が…。

すっかり大きくなりました。アリスは小っちゃいままですが。

四代目の両親襲来と、高校の生徒会絡みのお話と、エンジェルフィックスと。

連載分だったとか、アニメ脚本用だったとか、
いろいろあって、若干の継ぎはぎ感はしますが、
エンジェルフィックスの話と言う事で、大きなターニングポイントです。

四代目の両親、すなわち三代目との麻雀勝負なお話は、
さすがに分けて考えた方が良いくらい雰囲気違いますが。

ある意味前半で盛り上げておかないと、
後半、精神的に厳しいゆえに、バランスはいいのかも。

三代目の話に関しては、もう麻雀以外に無いです。

義兄弟だから家族だろの理屈を得て動き出すナルミ君。
すごくカッコ良かったです。

大逆転の解決策は麻雀ですねん、と言いだした時は、
何故麻雀か。そこに麻雀があるからですね。分かります。
と、実に聞き分けの良い読者になっていました。

まぁ、今までもいろいろ杉井さんの作品読んできてると、
なんだか自然な流れですよね、これも!

見てなければ、どんなに明白な証拠があってもイカサマではない…。
なにその俺様ルール。麻雀こわい!

なんだかんだで四代目もいろいろ嬉しそうだったので、
これだけなら本当に大団円。

ですが、物語は続いてエンジェルフィックスが再び出てくる話に。
それこそ、導入がアニメ1話のアレだったので、
なんだろうな? とは思っていましたが、そのものAF復活とは。

彩夏に話を聞くの聞かないので、大混乱のナルミ君は、
とんでもなくカッコ悪いですな。
ミスっては自虐して、それが大当たりなもんだからフォローも出来ない。
ホント、いろいろぶち壊しにして成果無しとか、
なにしてますか、あなた。

四代目もなんだかんだで意地っ張りなので、カッコ良いと褒める訳にいかず、
むしろGJだったのは、平坂組の電柱とか岩男ですよ。
こういう時こそ、バカの出番とばかりに空気を読まない。さすが。

オチがオチなので、読後感もあんまりスッキリはしませんが、
ドクペで乾杯してひと段落なのか、な?

それでは、また。


関連

神様のメモ帳 7

『ニート探偵のどうせ働かない一日』(電撃“にせ”ん!! )

花咲けるエリアルフォース

|

« 11月からの買いたい本ども | トップページ | ガガガ文庫『灼熱の小早川さん』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53178145

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『神様のメモ帳 8』:

« 11月からの買いたい本ども | トップページ | ガガガ文庫『灼熱の小早川さん』 »