« 電撃文庫『帰宅部のエースくん。 1』 | トップページ | 12月からの購入新刊リスト »

ファミ通文庫『“文学少女”と恋する挿話集 3』

ハッ、半端なく積んでましたがちゃんと大好きです“文学少女”!

という事で、他の人の視点からの作中の裏話や、
完結後のいろんな後日談などなど。

今巻の見所は天使な夕歌と、愚者な千愛ちゃん。
2編ずつ使ったかなり濃い目のお話になってて感激!

特に千愛ちゃんだなぁ。この子の特殊性がいかんなく発揮されてて、
凄まじい破壊力でした。ほんとに。

●“文学少女”と炎を上げる牛魔王
挿話集1巻で出てきた牛魔王さんの続き。
これは普通の“文学少女”です。おやつもですけど。
雰囲気が、すごく懐かしいです…。

牛魔王さんもアレじゃ可愛そうってことで、
ちゃんと真面目(?)に告白やっててびっくり。男らしい!
心葉君とは大違いですよ……。このヘタレめ!

朗読会は想像したら吹くのでなるべく無心で読むことをおススメします。

●“文学少女”の今日のおやつ ~『好色五人女』~
ひょっとしてエッチな本だと思った人は正直に手を上げましょう。
正直に言えば遠子先輩も許してくれるそうです。
本当にごめんなさい。

そんな引っ掛けで誤魔化しつつも、このオチがまた酷い。
心葉君、それは怒っていい。怒っていいぞ。

●“文学少女”と恋しはじめの女給
水妖の話を紗代ちゃん視線で追った話。

遠子先輩と真貴先輩がイチャイチャしてるくらいはどうでもいいのですが、
やっぱり心葉君をどう見ていたかが大きな注目点。

そしてもう一つ、心葉君の知らない遠子先輩との秘密のやり取り。
遠子先輩のこの時の心情は胸にこみ上げるものがあります。
心葉君も遠子先輩もホントいじらしいったら…。

●“文学少女”の今日のおやつ ~『谷間』~
遠子先輩の谷間を想像した人、正直に手を上げましょう。
先輩はなにも言及してませんが、謝っておくべきです。
本当にごめんなさい。

文芸部室で歌を歌いながら鶴を折る“文学少女”……。
見なかった事にしたい心葉君の気持ちは分からんでもないです。

しかし、トムくん、にぃなちゃんはともかく、
みぃくんとかレイちゃんは、やばいよ遠子先輩……!

●傷ついた紳士と穢れなき歌姫
今巻の大きな見所の一つ、天使のキーパーソン毬谷先生と、
ななせの親友、夕歌の出会いのお話。

こうして出会ったのだった、以上の話では決してないですが…重い。非常に重い。
輝いている夕歌は反則ですな。ぐぬぬ。

どうにかならかったモンなのかねぇ…。

●卵の歌姫と彷徨える天使
こちらは事件後の毬谷先生と、一人の女の子のお話。

何もかも終わってしまった……わけじゃない。
って事なんでしょうけど、毬谷先生の気持ちは複雑でしょうね。

女の子視点だからまだ可愛い話にも見えますが、
幸せになってもらうのが正解なのかは非常に悩ましいです。

●遠子おばタンの秘密
悠人君誕生で、遠子先輩一時帰省なお話。

年の離れた兄とか姉に子供が出来ておばさんおじさんになる、
というのはよくある話ですが、年の離れない弟に子供が出来て、
おばタンな遠子先輩ですよこれ。

とはいえ、おばタンな話は割とどうでもよくって、
肝心なのはおばあタンの方だったというオチ。
笑いどころなんだけど、何気におばあタンの肝が据わっていてカッコ良い。

●迷える仔鹿と嘘つき人形
そして今巻のもう一つの大きな話。
いつもニコニコな竹田先生と問題児である仔鹿ちゃんのお話。

あの! 千愛ちゃんが!! 先生に!!!!
なあああああああんだってええええええええええ!! ですよ。

あの千愛ちゃんに、これほどヤバい仕事があろうか。
すごい! 野村先生ほんとすごい!!

仔鹿ちゃんのこのどうしようもない閉塞っぷりを、
あの真・千愛ちゃんで吹き飛ばすとか、とんでもですよ。
いや、そりゃ仔鹿ちゃんも顔真っ青になるよ。

それでもやっぱり助けに行くってのは、
ウソが少しでも本当になってると思えて、そのギャップがたまらんです。

●頑張る仔鹿と臆病な旅行者
問題児であった仔鹿ちゃんと、クラスの人気者な女の子とのお話。

すっかり更生した仔鹿ちゃんに安心するとともに、問題児第二弾の登場。
いったい何抱えてんだあの娘…ってなモンですが、
これまた出てくる竹田先生の存在感。たかが子供の癇癪との圧倒的な差を見よ!

そして全てなぎ倒した後に「……だったらもう、こんなことしちゃダメだよ」
この展開、す、すごすぎる……。

●道化のつぶやき
生徒のお話は生徒のお話として、竹田ちゃん視点ではどうか。

流人君に抱きつきに行く千愛ちゃん。その真意をバラして、
やっぱりこれは成長したって事だったんだな、と確信できる。

良い大人になったんだなぁ、千愛ちゃんは。本当に良かったです。

それでは、また。


関連

“文学少女”と恋する挿話集 2

“文学少女”と月花を孕く水妖

“文学少女”見習いの、卒業。

|

« 電撃文庫『帰宅部のエースくん。 1』 | トップページ | 12月からの購入新刊リスト »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53367648

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『“文学少女”と恋する挿話集 3』:

« 電撃文庫『帰宅部のエースくん。 1』 | トップページ | 12月からの購入新刊リスト »