« ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 1』 | トップページ | ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 3』 »

ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 2』

夢とパズルの摩訶不思議青春奇談、
というのがシリーズの公式煽りになったようで。
「奇談」ってところが、キモですな。

ヒロインになんて事させるんだ…、でお馴染みの夢魔小説。
えっちなのはいけないと思います。

…と言ったら人寄ってきますかね。そんな要素欠片もねーですが…。

なーんて思っていたのですが。

1巻のあの波乱を乗り越えて、ここから始まるラブコメディ!
表紙の通り、うーちゃん無双巻です!

ええええええええええ!!?

あそこまでうーちゃん黒化させておいて、
ここで普通の幼馴染みとして、朝起こしに来たり、
お母さんにご挨拶したり、一緒に登校したり……。

なんという変わり身! 実にお見事!

主人公、聞き分け良過ぎのような気もしますが、
アリディア様にもあんなんだし、そういうキャラと言う事で、納得しました!

一応、主人公もアリディア様に操を立ててるみたいだし…。

さておき、高校生編というかここから始まる物語。

アリディア様と微妙な絆で結ばれつつも、幼馴染みから言い寄られ、
しかし、他の女の子の世話焼きを始める主人公という、
これだけ見るとありがちなお話。

先に述べた通り、うーちゃん大プッシュでアリディア様分は少なめ。
うーちゃんの「キャラ被ってんのよ!」発言が絶頂ですな。
ホント良いキャラになったよ、うーちゃん…。

新ヒロインのかがみんは、恐ろしく強引な主人公の世話焼きに対し
割とまともな対応をしてくれてますが、いろいろと面倒くさい娘には変わりない。

彼女のお父さんお母さんの性格に、若干の心当たりがあって、
何とも言えない気分になります。

とはいえ、この思いつめっぷりはやっぱり思春期というよりほかになく、
むしろ高校生としては子供っぽいとすら言えるかしら。
主人公君の力技でこうなったけど、こういう奇跡も無いこんな世の中では、
やっぱり高城ちゃんみたいのが話聞いてあげるしかないのかね。

しかし、高城ちゃん黒幕説とかなくて良かったです……。
そこまでやられてたら、心が挫けてたと思います。

それでは、また。


関連

夢魔さっちゃん、お邪魔します。 1

学校の階段の踊り場 2

コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る

|

« ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 1』 | トップページ | ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 3』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/53285715

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 2』:

« ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 1』 | トップページ | ファミ通文庫『夢魔さっちゃん、お邪魔します。 3』 »