« ガガガ文庫『GJ部 6』 | トップページ | このラノ2012投票 »

MF文庫J『僕は友達が少ない 7』

アニメ押しでいろいろシリーズフィーバー中ですな。

アニメ先行なDVD付限定版もありましたけど、
今回はお見送り。

コミックの『はがない+』がちょっと楽しみ。どんなのなんだ…。

7巻は小鳩の誕生会の余韻から学園祭準備編。

学園祭の出し物として、いろいろ案を出しつつも、
結局、自主製作映画と言う事で……カオスな撮影に出かけるお話。

小鳩→夜空→星奈→理科な感じで出番が回る回る。

小鳩は冒頭のほぼ全裸シーンは華麗にスルーされましたが、
姫シーンは絵こそないものの、かなりのインパクト。
クラスメイトと仲良いというか、姫扱いですよ小鳩ちゃん…。
別の苦悩になりそうですが、悪いよりは良い方が良いわな。
さり気なくマリアがフォローに周ってるし。

夜空さんは、ようやく吹っ切れたのか、
小鷹へのプッシュをガンガンかけてきててニマニマ。
映画でアレなのはギャグですが、脚本はかなり露骨に仕掛けてきましたな。
これをスルーとか、良い根性してるよ小鷹…。
しかも、夜空さん的には追い打ちのオチがあんまりです。夜空さん良い子だよ!

星奈は活躍っぷりは多くないですが、割と重いフラグを立てて来たというか。
フラグ立てたのはペガサスさんですけどね!
とはいえ、全く覚えていない幼馴染みはさすがに幼馴染みとは言えないんじゃ。

最近ずっと酷い扱われようの理科さんは、最後の最後で。
あるいは最初から最後までを使って、とんでもねー爆弾を置いていきやがりまして。
理科自身にどうこうってんじゃないのが、また渋いというかなんというか。

幸村も美味しい場面があるにはあるですが、
あんまり小鷹へのフラグにはなってないような。幸村だけが満足という感じ?

そして何気に、新キャラが増えてるという。どういうことなの……。
物語畳みに関係するのかしら?
このままヌルヌルと続くのかと思ったら、こうするとは……
さすがはねくろまの作者だよ!

それでは、また。


関連

僕は友達が少ない 6

ねくろま∞。

ラノベ部 3

|

« ガガガ文庫『GJ部 6』 | トップページ | このラノ2012投票 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最後の理科と小鷹の会話が
いまいちわかんないんで
教えて!?

投稿: | 2012年5月 7日 (月) 22時26分

コメントありがとうございます。
小鷹の決め台詞である「え、なんだって?」が、
聞こえなかったから聞き返したわけではなく、聞きたくないから聞こえない事にしたという意味ですな。

投稿: サトロ(管理人) | 2012年5月21日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52894874

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『僕は友達が少ない 7』:

« ガガガ文庫『GJ部 6』 | トップページ | このラノ2012投票 »