« 富士見ファンタジアス文庫『本日の騎士ミロク 7』 | トップページ | 9月からの買いたい新刊 »

富士見ファンタジアス文庫『本日の騎士ミロク 8』

人を動かしたり国を動かしたりといろいろ忙しいお姫様が、
不敵に笑ったり思わず泣いたり。

そんな姫様をおだてたり慰めたり頑張るミロク君のお話。

さーて、お次の国は残る藍山かなー。と思いきや、なんと東の島国オウガンへ!

いわくつきのミロク兄、ゴウトに直接戦争の理由を問いただすという、
どーしてこーなった……なお話。

これはもう血まみれの剣術勝負で「やるな、お前もな!」な展開しかない、
そう思っていた頃が、私にもありました。

蓋を開けてみれば、ジュジュがミロクのお母様お姉様お兄様にご挨拶と、
そういう話なわけですよ!

ミロクからしたら、彼女を家に連れてきて家族に弄ばれてるの図。
ああミロク…おバカな子……。とはいえそれが君の歩む道。頑張ってくれ。
と、和やかムード。意外な展開ですが、ラブ寄せウマ―。

お兄様はともかく、お母様お姉様はもっともっと絡んで欲しかった。
トーラットに絡んでる場合じゃないよ! そっちは妻帯者だよ!
高収入でも高身長でもないけど、お姉様ウチにお嫁に来ませんか?

そんなわけで、思いの外あっさりとオウガン攻略しちゃったのですが、
お話としてはここで急展開。

竜の聖地、えっと……ラストダンジョンですか?

びっくりした。後半戦とはいえそんなフェーズとは思ってなかった。
まぁ、後から思えばジュジュのあの告白は完全にフラグだったというくらいで。

だって、ツッキーニvsホラキア戦とか、どうなってるのよ…。
そしてエルガンディアと藍山同盟、ガン無視で涙目な展開。

アーニィにディアート、ベンにオーリャ。
ちゃんとみんな集まって来るのだろうか。来ないわけがないけど。

それでは、また。


関連

本日の騎士ミロク 7

本日の騎士ミロク 6

Zぼーいず/ぷりんせす 1

|

« 富士見ファンタジアス文庫『本日の騎士ミロク 7』 | トップページ | 9月からの買いたい新刊 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52636336

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジアス文庫『本日の騎士ミロク 8』:

« 富士見ファンタジアス文庫『本日の騎士ミロク 7』 | トップページ | 9月からの買いたい新刊 »