« 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 8』 | トップページ | ガンガンノベルズ『うさぎさん惑星 1』 »

電撃文庫『メグとセロン 6』

わざわざ言う事でもないが、時雨沢さんは季節ごとに1冊。
春がメグセロで、夏が学園キノで、秋がキノ、冬が絵本?

ということで、今年も春がきたなぁ……と、買った時は思ってたんです。
読むのが遅くなっただけで……。

とはいえ、例のアレで買った時はけっこうバタバタしてたけど。

今年のメグセロは大事件もおこらずのんびり。

もはや章ごとの短編集な感じです。
というか短編2本と、中編2本?

●リイナとクルト
メグの弟と、セロンの妹が電話越しにキャッキャウフフな話。
という場を借りた、今までのおさらいというか、人物紹介というか。

いや、でもこのチビッ子トーーーーーーク! は……ゴクリ。
リイナがおませ過ぎてなんと言ったらいいか…。
次なるシリーズに繋がりそうな気配すらして、とても良いと思います!

●顧問
新聞部の顧問決定! なお話。

というよりは、1巻の後日談。マードック先生。そんな人もいたねぇ…。
たださすがに事件内容あんまり覚えて無くて、
ちょっと復習しないと質問意図も回答が何を示してるかも分からんなー。

●どこへ行こうと、あなたはそこにいる
自然公園でオリエンテーリングな話。

部活動としての知名度向上を目的に、1位を目指すは
セロン、ラリー、メグのチーム。
ラリーがリーダーやりつつ、セロンとメグの空気読みつつで大活躍。

何と言っても大ジャンプ後のメグが。メグが!!!
セロンもオールバックすごいけど、なんという良い構図。
一番の立役者がラリーだってのは揺るがないが、絵は大事だなーと。

一方、ナタリア、ジェニー、ニックのチームはお茶しながら昔話。
ナタリアのイケナイ秘密を探ろうとしてたら、
ジェニーの過去話に話が飛んで暴露大会。

部長のキラキラな少女時代が素敵過ぎ。
その後、仲悪くなって無いのが児童文学的よね。
少コミなら修羅場、エロゲならNTRになってるところだ……。

まぁでも、ナタリアさんが何かまだ秘密あるんじゃないかというのは、
分かる気がする。ニックはどうでもいい。

●我々は新聞部だ
あなたは新聞部を目指す、話。

ラプトアからの短期留学生が新聞部に入って、
新聞部を、ロクシェ首都を見た感想、感動を赤裸々に。

ゲームのシナリオじゃないのかコレって感じの二人称視点で、
なんだかワクワクしてくる。すごい。
新聞部の6人が優しすぎてもう、涙がチョチョ切れますな。

大盤振る舞いなジェニーに、遠慮のないナタリア、
メグも久しぶりのべゼル語会話して生き生きしてる。
男どもは、お茶くみ役のラリーと、うんちく役のニックが目立たない感じだが、
セロンはむっつりと優しい男前っぷりを発揮。これは惚れる。

最後に新聞完成という達成感まで味わって、とても楽しいお話。

……と、思ったら最後の最後でとんでもない爆弾が。
なんというお節介ジェニーさん。

セロンの動かなさは、さすがの作者もお手上げってことか!?

●あとがき
セグとメロンはねーよwwwww

メグとセロン何にも関係ない!

何もあとがいてないので、秘密のあとがきでも他にあるのかと思ったが、
そんなこともないみたい。

それでは、また。


関連

メグとセロン 5

キノの旅 14

夜が運ばれてくるまでに

|

« 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 8』 | トップページ | ガンガンノベルズ『うさぎさん惑星 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52757443

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『メグとセロン 6』:

« 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 8』 | トップページ | ガンガンノベルズ『うさぎさん惑星 1』 »