« 角川スニーカー文庫『レイセン 2』 | トップページ | 電撃文庫『可愛くなんかないからねっ!』 »

角川スニーカー文庫『レイセン 3』

たまに忘れそうになりますが、マスラヲの頃からコレって連載なんですよね。

ということで、ザスニ休載で第一部完? な3巻です。
そんな思い出し方はイヤだった……。

まぁ、この巻で第二部始まってる感じですけど。

宮内庁神霊班、警察庁心霊班、陸自第四〇普通科連隊、そしてフォースと、
いかがわしい組織のオンパレード。

役者をそろえてるのか、なんかただカオスにしたいだけなのか、
かなり判断難しい所ですが、楽しければそれでいいじゃないな感じで。
いよいよ順風満帆、ノってきましたあああああ!!

…ってところだったんですねぇ。ザスニ連載。
続くのならまぁ、いいですけど。

●罪状と病状の狭間に心霊班
マスラヲでお馴染みの美奈子さん&岡丸ペアの再登場。

ハイスペックさを出す事も無い幕間的な話というか、
後の無人島への布石の一つと言うか。

久しぶりに出会ったヒデオに、幼女愛好癖症、
さらには自宅に18禁ゲーム所持容の疑いがかけられていると知り、
大体合っているからして……まぁ、つまり逮捕ですね。

葉多恵さん、恐ろしい人!

●彼と彼氏と彼女の事情
前巻の本編最後に登場した銃の神様なお話。

ケルベロスの隊長さんに挨拶し、ヒデオとデートし、
ミスリル銀の神様エリーゼと裏取引し。

食えない人だと見せつける話ですな。

ヒデオのエスコートっぷりにむしろ目を見張るべき!
まさか睡蓮すら振りきるとは……。どんだけ癒しに飢えてるんだ…。

●夏だ! 水着だ! 無人島だ!
いよいよこの巻の本編と言っていい、胡散臭い組織大集合なお話。

引きこもりのヒデオには厳しい環境である夏の浜辺で、
ノアレとウィル子が大ハッスル。

水着を謳うからには、ポロリももちろんあります!
というか、ポロリどころかモロ出しです。

そして、ヒデオも「The・Expose」となって登場。
ビッグガン・マグナムとか林トモアキ本気すぎる!!

●ワンサイド・ゲームズ
ほのぼの(?)前編に続いて、後編はいよいよバトル。

自衛隊もいれば、ずっとスタンバってた銃の神様もいますので、
重火器のマズルフラッシュが輝く、無人島大戦の開幕です。

そこで、一般人のヒデオの口が飛び出すと言うわけですよ!
ちょっとでも間違えれば、文字通り瞬殺という中で、
目つきというブラフを頼りに、敵へ挑むその姿。

この綱渡り感、半端ない!

ここで〆るのがマスラヲですが、これはレイセン。
さらにもう一枚と飛び出すのが、睡蓮さん!

まさに狙い澄ました一撃なんでしょう、この登場シーン。
大音声、炎獄、そしてほむら鬼と目を見張るばかり。
パワーバランスとかもうどうでもよくなりますな。

しかもこれで手始めみたいな余裕っぷりですよ。
盛り上がってきたああああ!

●ロケットダイブ!!
という本編をさておいての、外伝書き下ろし。

マスラヲでお世話になったエルシアさんが遊びに来ます。

そこで目にしたノアレさんを剥いて食べると言いだすエルシアさんに、
待ったをかけ、ノアレを賭けた勝負を提案するヒデオ。

それだけでなんだかいろんな意味で胸いっぱいなわけですが、
巻き起こるゴタゴタに鈴蘭までが入ってきて、さらにカオス。

そして最終的に勝負はスライム退治となって、
他のアウターさんも総登場で、何が何だか分からない展開。さすがです!

スライムスーツも、ヒデオロケッツ!も、もう笑いをこらえるのに必死でした。
だって電車内だったんだもの!

林トモアキ作品の中でも屈指のアホ展開。
あえてもう一度言いましょう。

さすがです!

それでは、また。


関連

レイセン 2

レイセン 1

戦闘城塞マスラヲ 5

|

« 角川スニーカー文庫『レイセン 2』 | トップページ | 電撃文庫『可愛くなんかないからねっ!』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52580461

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『レイセン 3』:

« 角川スニーカー文庫『レイセン 2』 | トップページ | 電撃文庫『可愛くなんかないからねっ!』 »