« ファミ通文庫『学校の階段の踊り場 2』 | トップページ | ファミ通文庫『Zぼーいず/ぷりんせす 1』 »

メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』

三上延さんがMW文庫入り。
ファンタジー要素皆無で、安楽椅子探偵なお話。

もうタイトルからして大好物な感じではあったが、
これはもう、ある程度以上本を読む人なら皆同じなんだな、
と読んだ人の評判見て思ったり。

本が大好きで、その本を手に取った人達のお話が好きな眼鏡美人の古本屋店主と、
いろいろな事情で古本屋に本を持ちこむ人たちのお話。

古本屋に持ち込まれる本を見て読み解かれる、持ち主の秘密と、
その古本屋で働く事になる主人公君との照れ照れな会話とが、見所。

さほど物騒な事件でもなければ、さほどべたべたなロマンスでもないですが、
落ち着いた古本屋らしい、ほどよく落ち着いた良いお話だったかと。

本の虫な女の人はとても素敵だと思います。
そこに本が生理的に読めないけれど、本の話を聞きたい男の人をあてがうのが、
今まであったようで無かった新鮮さだったり。

●夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)
家の中から出てきた「夏目漱石」のサイン入り全集。
そのサインの真偽を巡って導かれる祖母の秘密なお話。

導入話。
主人公さんにしろ、古書堂店主さんにしろ掴みはおっけーという事で。

妹ちゃんの所為ではあるが、割と隙の多い初対面シーンも良かったが、
サイン一つからどんだけ導くんだという、洞察っぷりはすごい。

しかし、そうか……古書店では免許必須か。なるほどな。

●小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)
縁のあるせどり屋さんが大事にしていた文庫本。
珍しくもないはずのそれを盗んでいった女子高生の秘密なお話。

主人公そっちのけで進む、せどり屋さんと女子高生の交流。
これが全て。いやー、素敵。
年齢差考えると、このロリコンめだけど。いいじゃんよ。

ここでなんだか変なフラグが立つわけですが、
心配したような展開では無かったので安心。

●ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』(青木文庫)
真面目そうなおっちゃんが持ってきた古そうな文庫本。
しかしそれを取り辞めさせようとする奥さん登場で、おっちゃんの真意が問われる話。

意味ありげだけどそうでもない夫婦はともかくとして、
このうっかり妹ちゃんを早くどうにかしないと。
と言いつつ、意外とこの妹ちゃんも気に入ってる私がいる。

情報をリークする以外の出番がないのが残念だ。

●太宰治『晩年』(砂子屋書房)
さらりと出てきた正真正銘の稀覯本と、それを巡る事件。
古書堂店主さん自身の秘密なお話。

割と流していた店主さんの入院それ自体を含めた、伏線回収最終回(?)
のほほんとしていた店主さんのマジなお話で、ちょっとした戦慄。

事件を収束させるための、店主さんの糸繰り力も半端ないが、
やっぱり「たかが本」に対するスタンスの違いというか、
価値観の決定的な相違ががが。

とはいえ、エピローグではニヤニヤさせていただきましたが!
今までのお客さん総登場で、最終回感はするけれど、
ネタがたまったら続いて欲しいなぁ、と思います、はい。

それでは、また。


関連

偽りのドラグーン 4

モーフィアスの教室 4

天空のアルカミレス 5

|

« ファミ通文庫『学校の階段の踊り場 2』 | トップページ | ファミ通文庫『Zぼーいず/ぷりんせす 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52162713

この記事へのトラックバック一覧です: メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』:

« ファミ通文庫『学校の階段の踊り場 2』 | トップページ | ファミ通文庫『Zぼーいず/ぷりんせす 1』 »