« メディアワークス文庫『夜が運ばれてくるまでに』 | トップページ | 好きなライトノベルを投票します!! 2011上期 »

電撃文庫『雨の日のアイリス』

今年の第17回電撃小説賞で受賞こそしてないけど、編集部おススメ枠。

泣ける泣けるとのネットでの評判に押されて手にとってみざるを得なかった。

家政婦ロボットであるアイリスの、変わりゆく姿と変わらない心のお話。

あるいは、人間とほぼ違わない精神回路を持ちながら、
しかし、人間扱いされないロボットたちのお話。

泣きの部分ではオーソドックスな型式にハマっているけど、
伏線の回収っぷりが細かくて、結末における盛り上がりはちょっとしたモノ。

確かに騒がれるだけはあるなー、と。
ただ、逆に説明し過ぎ、都合良すぎという人もいそうではある。
そのへんのバランスは新人だからか、あるいはそういうカラーなのかってのは、
他の作品が出てみないとなんとも。

個人的には、2章の始まり「転生」の衝撃度がこの作品で一番印象的。

1章のあやしいカウントダウンで、ロクな事にはならないだろうなー、
と予想はしていたけれど、それでも衝撃的な終わりを迎えた後にこれですよ。

始まりが終わって、新しい始まりとして、
ここまで思い切って切り替えるってのはなかなかの英断ではないかと。
まぁ、主には商業的な意味で、ではあるか。

それだけに、リリスとボルコフとの生活が短かったのがちょっと残念。
その後の時系列とか分量を考えると、適当ではあるのだけど、
もうちょっとイチャイチャしてくれれば。

なんにせよ、他の話、次の本。それが出るのが楽しみになる感じで。

それでは、また。

|

« メディアワークス文庫『夜が運ばれてくるまでに』 | トップページ | 好きなライトノベルを投票します!! 2011上期 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52210183

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『雨の日のアイリス』:

« メディアワークス文庫『夜が運ばれてくるまでに』 | トップページ | 好きなライトノベルを投票します!! 2011上期 »