« ファミ通文庫『“葵” ヒカルが地球にいたころ…… 1』 | トップページ | 電撃文庫『煉獄姫 3』 »

電撃文庫『煉獄姫 2』

2シリーズ並行で絶好調ですね! な、藤原さんの黒い方のお話2冊目。

どっちも家族モノだしね!(今はまだ

しかし、すげぃ方向性違うからどっちが好きだって言っても、
他方を進めづらい今日この頃です。
まぁ、タイトルでだいたいわかるからそれは大丈夫か。

この世とは相容れない煉獄の毒気で産業革命な近代欧州っぽいどこかの世界。
バランス取ってそれなりの出力を使っていた瑩国に、
ド出力の「煉獄の扉」で以て、力に溺れる人達が増え始めてさあ大変。

という所から。

ホムンクルスの第二円とか、疑似ホムンクルスさんとか、
前巻でいろいろとひきずった個所をササッと回収する感じですな。

惜しみなく出てきた第三円の人とか、戦う執事さんとか、
うわ藤原さん本気だ! と思える新キャラも良い感じでしたが、
何といっても今巻はキリエさん。この人です。

表紙の不遜な笑みを見て、あーあ、これはもう完全に敵なんだなぁ、
と悟ったわけですが、さにあらず。

まさかのデレ期到来。ええっ、なにこれヤバい可愛い。
逆に死亡フラグにも見えてきた。これはやばい。

もう一人の敵役であるイパーシさんですが、
随分と念入りに壊した割には、アルトに手も足も出ないという残念な感じに。
というか、流れ的にはこの人の役割はトリエラさんを追いつめるためだけか。
なんだかとっても「……嫌な事件だったね」状態。

しかし、アルトも大概強すぎというか。
どうみても、エターナルフォースブリザードです。本当にありがとうございました。
「いかずち」も、かなりチートくさい威力でしたが、これは完全にチート。
次はどんな属性の煉術が出るのか、心躍らざるを得ない。

でも……アルトは次巻でも泣くんだろうなぁ。
今の所、そういう伏線ないけど、たぶん…。楽しみであり気がかりであり。

それでは、また。


関連

煉獄姫 1

@HOME 1

アカイロ/ロマンス 6

|

« ファミ通文庫『“葵” ヒカルが地球にいたころ…… 1』 | トップページ | 電撃文庫『煉獄姫 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52002900

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『煉獄姫 2』:

« ファミ通文庫『“葵” ヒカルが地球にいたころ…… 1』 | トップページ | 電撃文庫『煉獄姫 3』 »