« 電撃文庫『煉獄姫 2』 | トップページ | 一迅社文庫『放課後ランダムダンジョン』 »

電撃文庫『煉獄姫 3』

煉禁術でホムンクルスって言いたいだけじゃないか? だがそれがいい。
とか思っていたが、それどころでもなくなりつつあるこの懐の広さ!

もどかしいラブロマンスも増えてきたけど、こっちは逆に不気味だったり…。

辺獄院襲撃で戦力を大幅に減らしてしまった瑩国。
そんな中、悳国の王子が来るという事で、反政府組織やら、王女狙いの貴族サマ、
いろんな人の陰謀がまたまた渦を巻き始めるお話。

キリエが敵じゃなくなったところで、
前巻から怪しい動きを見せていたユヴィオールさんが新たな敵として、
また、その仲間としてババーンと新キャラ自己紹介な巻です。

お話の展開は枠を外れたものではないのに、何気に伏線は様々絡まり始めて、
収束の気配がない…!

アルトとフォグのやる事は基本的に警備ではあるんですが、
市民と貴族の諍いやら、国と国との諍いやらと、いろいろ描いているので、
恨み節に事欠かずどんどん敵が増えていくです。

1巻のように、そして誰も居なくなった…となれば、
後味はともかく、増えた分減るのでトントンですが、
今巻はどう見ても敵幹部になりそうなのがたくさん残るからさあ大変。

ユヴィオール自体にしても、雇い主を逆に操るような、
普通にラスボスちっくな雰囲気を出していたのに、もうここで敵対表明。
さらには底を見せたような見せないような退場。実に意外。

こうなると、アルトとフォグはずっと付きまとわれるんだろうなぁ。
良い雰囲気になったら絶対に邪魔が入るフラグですよ。あーあ。

魔女子さん、狙撃子さんと、こっちは完全に底見せず。
少なくとも良い死に方をしないだろう事は、ほぼ決定でしょうけど、
死に際に誰を殺してもおかしくない理不尽な空気も醸しているような。
レキュリィとカルブルック、そしてリチャードと殺しても死ななそうな人物を
殺せる特権を手に入れた感じ? 実に恐ろしい事です。

もう一人、鍛冶子さんも出てきて、アルトとフォグの心のオアシスである、
イオさんと繋がりを持ったからこれもヤバいです。
狙われたら手が出ない一般人ですからね、イオさん。
ここはキリエがフォローに入るのか? しら…?

ユヴィオールのスカポンタンはともかく、
レキュリィにアルトと相当な奥の手を披露した割に、
話としては何も進んでいないという恐ろしいお話だったわけなので、
続巻どうなるやら全く見えない…。

そういや前巻ラストの幻獣使いさん、今巻全く出なかったしね!
お邪魔虫がいなくならないと、イチャラブもおいそれと出来ないぜ…。

それでは、また。


関連

煉獄姫 2

煉獄姫 1

@HOME 1

|

« 電撃文庫『煉獄姫 2』 | トップページ | 一迅社文庫『放課後ランダムダンジョン』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/52044844

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『煉獄姫 3』:

« 電撃文庫『煉獄姫 2』 | トップページ | 一迅社文庫『放課後ランダムダンジョン』 »