« 一迅社文庫『アンチ・マジカル』 | トップページ | 5月の新刊買い物リスト »

電撃文庫『ひがえりグラディエーター』

中村恵里加先生新シリーズ。
ぐらシャチが続くような気がしていたが、そんな事なかった。

異世界から召喚されて、殺し合いの「ゲーム」をさせられる、
殺伐とした非日常を送る高校生なお話。

朴念仁な少年と、無口な少女のボーイミーツガール。
ムードメーカーな後輩ちゃんもいるよ!

女の子と仲良くなる飴と、殺し合いという鞭とで、
いつもの中村さんかしらー。まんまと調教されてる気分。

妹の友達という後輩ちゃんのことさんに、無表情異世界娘のアール。
殺し合いといいつつ、今巻に関しては訓練ばっかりなので、
掴みという意味でも飴が多めだったのかもしれない。

人間関係でいえば、この巻ではまだ始まったばかりだ!
な状態だから、期待感は高めざるを得ない。

もう一方の要素である殺し合いの方は、
まさに「ゲーム感覚」であるところがすごく怖い。

傷つけても痛いだけで死なない、異世界の住人を指導して戦わせてって、
ゲーム内を異世界とすれば、そのまんまよね。
主人公君は理解出来ない娯楽だって話をしてるけど、案外そうでもない。

なんだかんだで、報酬があるというところも細かくリアルで困る。
学生でそんだけ貰ってたらいろいろ破たんしそうだけど。

こっちもまだ始まったばかりで1戦やっただけ、
アタック自体は描写無かったので何ともだけど、
結果はかなり痛いです。見てるだけなのに。

まぁ、どっちかというとセクト挿入が一番アレですが。
虫だけは、勘弁しておくんなまし!

とりあえず、妹ちゃんが出てきてからが本番だと思うので、
ぜひ続きをお願いしたい!

それでは、また。


関連

ぐらシャチ

まい・いまじね~しょん

|

« 一迅社文庫『アンチ・マジカル』 | トップページ | 5月の新刊買い物リスト »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/51672234

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ひがえりグラディエーター』:

« 一迅社文庫『アンチ・マジカル』 | トップページ | 5月の新刊買い物リスト »