« スーパーダッシュ文庫『ベン・トー 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『涼宮ハルヒの分裂』 »

電撃文庫『藍坂素敵な症候群 3』

『C3 -シーキューブ-』が絶好調な中始まった藍水瀬なシリーズでしたが、
この3巻にて完結!だそうで。

水瀬先生にとっての3巻はちょっとアレな雰囲気もあるですが、
完結と言ったら完結です!

…とか、変に含みを持たせたところで他意は無いんですよ?

終わると聞いて、もう終わんのか! と同時に、
あれ、これ水瀬先生初完結って事じゃね? とパッと浮かんでしまうくらいには、
前のシリーズも応援しているってだけです。

さておき、様々なフェチズムをこじらせて人外の領域になってしまう、
症候群を抱えた人たちの終わりのお話。

部員達の症候群は安定しちゃってるので、
つまり未だ不安定な藍坂素敵と、不確定な浩介のお話。

くーの風邪引きイベントに始まり、まりーが黒化しながら先導、
その上での「藍坂素敵な症候群」
終着点としてはとても綺麗で良かったです。

若干、駆け足気味だった気がしないでもないですが、
ゴールがソコでないという事も有り得ないわけで。
単に修羅場分が足りない! って事かしら。

くーとかまりーとか、覚悟は決めたのに結局、勝負の土台にのってもんな…。

一方で異能力サイドのお話としては、ラスボスのおねーさんは、
すごい能力ではあったけれど、あんまりパッとしなかったですな。

進化って言いたい気持ちは分かるですが、
突き詰めるとややこしくなるから、あっさり切ったような。尺の都合?

ツッコミ所としては、金の傘持ってるのは良いけど、
どうしてここに持ってきたし! って所ですか。

症候群自体も、どうしてこーなった的な所は特に説明無かったですし、
設定フェチとしてはそこは残念。

余談は書く気無いみたいなあとがきでしたけど、
なんぞ機会があれば、その後のくーとかまりーとかゲル子さんとか、
そして、ルル子さんとか、従姉さんのお話を見てみたいですな。

素敵と浩介はもうイチャイチャしてればいいじゃんよって事で。

それでは、また。


関連

藍坂素敵な症候群 2

藍坂素敵な症候群 1

C3 -シーキューブ- 10

|

« スーパーダッシュ文庫『ベン・トー 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『涼宮ハルヒの分裂』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/51804602

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『藍坂素敵な症候群 3』:

« スーパーダッシュ文庫『ベン・トー 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『涼宮ハルヒの分裂』 »