« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の12件の記事

電撃文庫『藍坂素敵な症候群 3』

『C3 -シーキューブ-』が絶好調な中始まった藍水瀬なシリーズでしたが、
この3巻にて完結!だそうで。

水瀬先生にとっての3巻はちょっとアレな雰囲気もあるですが、
完結と言ったら完結です!

続きを読む "電撃文庫『藍坂素敵な症候群 3』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーダッシュ文庫『ベン・トー 6』

アニメ化……だと……! びっくりしたー。いや、びっくりしたわー。
コレ動くとなったらとんでもないな。

なってみると、なんだか「計画通り!」って感じな気もするけど、
さすがにそれはないのかな。

続きを読む "スーパーダッシュ文庫『ベン・トー 6』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8』

アニメとかゲームとかいろいろあってすっかり忘れていましたが、
半年ぶりなんだそうです。

しかも、あの引きで。酷い話ですよ!

でもそれはつまり、こういうことです。
すなわち、「今巻は最初からクライマックスだぜ!」と。

続きを読む "電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8』"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 4』

「おっぱいよりも君が好き」という師匠の名言を
いつ言ってくれるか生温かく見守る、ドタバタラブコメディ。

もうすっかり前の巻の展開忘れてしまったなぁ、積み過ぎたなぁ。
と思っていたけど、それをさておいても1年3ヶ月ぶりだそうです。

ひめぱらに吸い取られてる……! のかな。

続きを読む "一迅社文庫『女帝・龍凰院麟音の初恋 4』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の新刊買い物リスト

忘れていたんじゃなくって、GW進行なだけなんだからねっ!

続きを読む "5月の新刊買い物リスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『ひがえりグラディエーター』

中村恵里加先生新シリーズ。
ぐらシャチが続くような気がしていたが、そんな事なかった。

異世界から召喚されて、殺し合いの「ゲーム」をさせられる、
殺伐とした非日常を送る高校生なお話。

続きを読む "電撃文庫『ひがえりグラディエーター』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一迅社文庫『アンチ・マジカル』

夢ぶち壊しな魔法少女モノということで、
いろいろ話題を風靡したお話。

某作品に触発されて積んでたのを発掘して、もぐもぐ。

続きを読む "一迅社文庫『アンチ・マジカル』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見ファンタジア文庫『変・ざ・くらする~む』

築地先生の新シリーズ。ドラマガ連載のまとめだそうな。

タイトルそのまんまな、高校らしからぬ生徒が集まる箱庭日常モノ。

ノリとしてはまぶらほ外伝に通じるものがある感じですが、
ラブコメという重要要素がごっそり抜けてコメディオンリー。

続きを読む "富士見ファンタジア文庫『変・ざ・くらする~む』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GA文庫『深山さんちのベルテイン』

ニャル子さんと同時発売して何ごとぞ!? と、
話題沸騰したような気がしないでもない、逢空万太先生の2シリーズ目。

男の娘である主人公を矯正するメイドロボ、ベルテインさんの奮闘記。
まったり日常短編なラブコメ。

続きを読む "GA文庫『深山さんちのベルテイン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一迅社文庫『名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら』

早矢塚かつやさんの新刊……というレッテルがどうでもよくなる、
凄まじいタイトル……!

これはもう、タイトル買いするか否かの二択しかないという感じで。
当初は頭に「もしも」がついていたのだけど、さすがに自重したみたい?
それだけで自重と言えるのかどうかは、別問題だけど…。

続きを読む "一迅社文庫『名門校の女子生徒会長がアブドゥル=アルハザードのネクロノミコンを読んだら』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『神様のメモ帳 6』

短編集が出たと思ったらここに来てまさかのアニメ化ということで、
なにやら完全復活の模様?

つまりこれは、またニートブームが来るということか…?
あるいはメルメルブームか。

続きを読む "電撃文庫『神様のメモ帳 6』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃文庫『撃路崎真咲の密室プレイ』

このネーミングは……? と思ったらその通り。
随分久しぶりとは思っていたけれど、もうあれ2年前? 3年前??

ということで、相生生音さんの新刊。
同じ方向性なのかと思ったが、そんな事無かったぜ! なラブコメ。

続きを読む "電撃文庫『撃路崎真咲の密室プレイ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »