« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 6』 »

電撃文庫『@HOME 1』

電撃文庫MAGAZINEで連載していた、藤原祐先生の新シリーズ。
名前そのままのアットホームな家族もの。

…というわけで、電撃文庫MAGAZINEで読もうと思っていたのに、
単行本が出るまでさっぱり読めなかったぜ。何号積んでるんだ、私……。

両親の急死で天涯孤独になってしまった主人公が、
血のつながらない兄妹たちに囲まれてほんわかするお話。

ファンタジーも異能もない、現代現実のお話。

いや、血のつながらない7人兄弟がファンタジーじゃん、
と言われてしまえばそれまでですが。まぁまぁ。

なんだかんだで歪んだ家族モノってのは、
藤原祐さんの今までの作品もそれっぽい感じなわけですが、
今回のは、随分と穏やかな感じで。

爆弾の導火線は見えつつも、爆弾の大きさがさほどでもないというか。
なんという安心感。

チンピラっぽいお父さん代わりな長兄、めんどくさがりのお母さん代わりな長女、
いろいろ厳しめのお姉さんな次女、甘えん坊な妹役の三女、男の娘な三男兼四女、
聡いチビッ子要員な末妹。

次女と三女の間に次男として主人公が入って、全部で七人。
それぞれ血のつながらないなりの事情があって、
これから少しずつクローズアップされていく感じになると思いますが、
今巻は、主人公が溶け込むまでの話で、活躍するのは主に次女のリリィ姉さん。

理不尽だったり、厳しかったりと、なかなかに不器用な人なのかと思いきや、
しっかりばっちりと「お姉さん」をしているリリィ姉さんめちゃ可愛い。
やっぱりハグだよ、ハグ!!

高校生で1コ差のお姉さんなんて、うっかり色恋沙汰な雰囲気が出そうなのですが、
ただ単に家族という枠組みでのみ話をしている所もブレて無くて安心できる。
まぁ、色恋沙汰になったとしてもそれはそれでとか言い出しそうですが私。

それで言うと、家族依存症の三女ちゃんもですな。
こっちはハグばっかではあるけれど、真実のハグはこれからなんだと私信じてる。
言動やらイラストやらからもうちょい下だと思っていましたが、
あえての1コ下というのは、学校イベントの都合かしら…?

三男兼四女、そして五女ちゃんの年少組は今回顔見せだけみたいな感じだったので、
次巻以降に超期待。

長兄、長姉の社会人組はハグしてあげる側なはずなんですが、
リリィ姉さんと主人公にこれから役割奪われないか心配。
いろんな裏事情の解説役だけじゃもったいない。

それでは、また。


関連

煉獄姫 1

アカイロ/ロマンス 6

アカイロ/ロマンス 5

|

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 6』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/51487325

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『@HOME 1』:

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 6』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 6』 »