« MF文庫J『かぐや魔王式! 7』 | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 9』 »

MF文庫J『かぐや魔王式! 8』

未だにオチが見えないのがいろんな意味で恐ろしい、
学園ドタバタラブコメ8冊目。

学園モノだから4月に卒業して終わるのか?
でも、生徒会長さんたちいなくなっても本質的には変わらんしなぁ…。

8巻は長編1編で新世界構築会議な話。
埋蔵金を探しに、米倉別荘へ温泉(ラブ)旅行。

ポイントとしては、お泊り、温泉、そして遭難。

まさかの表紙2回目であるあいふぉんが色々リードしてはいましたが、
お色気担当のみっちー、ボケ担当の六道、天然担当の閣下と、
他の方々もそれなりに出番があって気合の入った構成。

あんまりにも仲良し過ぎて、修羅場分が足りないという気もしますが、
まー、これはこれで。

みっちーは導入からボケから便利に使われている割に報われない日々でしたが、
今巻はその属性を生かして、温泉でハッスル。

パッドでどうにかなるレベルじゃないだろ……というツッコミも空しい。

ハラグロ動揺し過ぎです。
水着だからって、胸に目を向けてますが下に何があるか思い出してごらんなさい?
夜だって、一緒に寝たら本当に理性の箍が外れるか? 何をどうする気なんだ?

六道は六道でこのままボケ路線で行く事を決意してたりして、
このまま女捨てちゃっていいのか? という感じだったんですが、
まさかの遭難イベント。

ハラグロ素直すぎです。いい匂いって……誰にでもそれ言ってないか?
六道は良い目を見た風な雰囲気になってましたが、
失ったものと合わせてトントンという気が。

あいふぉんは、全裸にトイレに水透けに……、じゃない、
別荘提供に閣下の説得、ボケばっかりで進まないストーリーを進める大活躍。

しかし遭難時のアレは本当に襲われても文句言えないんじゃないかくらいの、
大胆アタックで驚いた。どう思ってるか分かんないんじゃなかったのか…。
今回の事で何やら一歩進む決意をしたみたいですが…変わらなさそう…。

肝心の閣下はというと、いつにも増して理不尽というか、
何が何だか分からない…。
突然一千億必要ってのも大概だが、温泉嫌いもなんだったんだ…。

……と、言う感じで終わってしまったわけですが。……あれ?

忘れまじ前巻ラスト。
ハラグロを呼び出した会長の勇気の結果は?

オープニングで触れられてない事くらいは良いとしても、
最後まで、何の、フォローもありません…?
それはちょっと会長不憫過ぎるんじゃあ…。

それでは、また。


関連

かぐや魔王式! 7

かぐや魔王式! 6

かぐや魔王式! 5

|

« MF文庫J『かぐや魔王式! 7』 | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 9』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/51166078

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『かぐや魔王式! 8』:

« MF文庫J『かぐや魔王式! 7』 | トップページ | MF文庫J『かぐや魔王式! 9』 »