« メディアワークス文庫『夜魔 -怪-』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 14』 »

一迅社文庫『くいなパスファインダー』

ラブコメと見せつつ熱血バトルもの! というノリで攻める姿勢の
瀬尾つかさ作品。

超知性体が攻めてくる世界観でもお馴染みになりつつある、のか?
百合はあんまり出なくなって来たか。

地球ごと異世界に放りこまれて、衰退しつつある人類の中で、
たくましく生きていく人達のお話。

…ってことで、前作『円環のパラダイム』と同じ世界です。
あるいは『白夢』とも同じなんじゃないかと思っていたりするんだけど、
どっちにしろ話としては全くつながっていないので、事前知識は必要なし。

むしろ『円環』だと、かなーり殺伐とした話だった訳ですが、
こっちは打って変わって軽いノリ。ハーレムラブコメと言っていい。

か弱い地球人のはずが、チーム全員規格外で無敵なので、
バトルしててもTUEEEEEE!以上の感想は無いです。

最強兵器とか、戦闘特化異種族とか、古代文明とか。
どんだけ咬ませ犬なのかと。これはひどい!

じゃあラブコメとしてはどうかっていうと、俊平の鈍チンさが実に主人公的。

無口さん一択にしか見えないが、メガネさん、ロリっ子、妹さんと……
この付け入る隙の無さそうな所に入り込もうとする、その勇気!
これもある意味ひどい!

でも、修羅場には絶対になりそうにない平和な空気に癒される…。
いろいろ都合よ過ぎなので、正気に戻ると若干アレですが。

続きは……すぐには出ないがそのうち出そうな?
あるいはロリっ子や妹さんが別の物語で出てきたりするに違いない。

それでは、また。


関連

円環のパラダイム

白夢(スノーミスト) 4

クジラのソラ 4

|

« メディアワークス文庫『夜魔 -怪-』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 14』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/50725423

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『くいなパスファインダー』:

« メディアワークス文庫『夜魔 -怪-』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 14』 »