« 電撃文庫『ヴィークルエンド』 | トップページ | MF文庫J『Xの魔王 3』 »

MF文庫J『僕は友達が少ない 5』

アナザーストーリーなはがないコミックも始まり、ラノベ部のコミックも始まり、
そのうちホントにアニメ化するんじゃないかと思うけど、
放送禁止用語多すぎだからダメかな。具体的にはマリアだが。

これからも攻めていく姿勢を貫くらしい平坂さんに期待。

5巻は皆で遊園地。と、その後お風呂。

お風呂なんてただのサービスシーンで、遊園地本命だろ…とか考えていた、
読み始める前の私に言いたい。

あ さ は かであると!

サービスシーンはもちろんそうだけど、
平坂さんがそれだけで終わるはず無かろうが!

なんかもうあんまり短編という感じでもないので良い気もするけど、
まぁ、いちおう、章ごと感想。

●父との電話
前巻のサービス回で天馬さんがその気になってしまった訳ですが、
割と早い段階で小鷹もそれを知るという話。

しかしながら残念属性の主人公がそれを聞いたからって何だというわけでもなく。

んなわけねえわけねーだろ!

それよりもお父さんにとって小鳩がちゃんと天使だった事にほっと一息…。

●遊園地~お誘い編~
序章で星奈が今回メインを張るのか? と勘違いした読者の希望を
粉々に打ち砕く、星奈なお話。

小鳩に言いよるのはまー仕方ないとしても、よだれよだれ…。
その表情と笑い声が果てしなくやばい。それはちょっと…。

あとはマリアの(´・ω・`)が横書きじゃないのが不思議で仕方ない。
2バイト文字になっちゃった? 幼女なので…?

●遊園地~ブラックドラゴン編~
遊園地名物、世界に名だたるらしい絶叫マシン。
観覧車より高いってどういうことなの…。

何はともあれ、顔芸が素晴らしいお話。
星奈と夜空の目がかなり良い感じに狂気入ってて感激した。
小鷹も同じような目をしてるけど、横に目が言ってる辺りがポイント。
理科どんだけだったんだよ…。

そして幸村が良い笑顔じゃないか。何この悟りの境地。

●遊園地~アシュタロス編~
着ぐるみショー会場で巻き起こる小鳩 vs アシュタロスの生き別れの双子の弟な話。
そして今巻で唯一、星奈がちょっとだけ可愛くなる話がこちら。

まー、小鳩もなかなか子供だなぁ。という感じ? だがそれがいい。
設定はあくまで設定で、そこから外れたものはパラレルワールドなのだ、
と考えるくらいの度量が出来ると大人になりますが、小鳩はこのままでいて下さい。

不死鳥遣いさんはあの名前でなんで愛称が「メリル」になるか数秒考えてしまった。
でも、語られてないけどエフェクトが違うとか、そういうの大好きです。
小鳩ちゃんも大好きです。

●遊園地~リバース編~
というわけで、それ以外の乗り物はこちら。
バイキング、フリーフォール、お化け屋敷、観覧車など。

観覧車に二人きりで乗れない時点で、
何か重要なフラグが立っていない事がわかります。えろげ脳ですので。

オチ的には予定調和ということで。フラグの思し召しですね。

●温泉
夜まで遊園地ではなく、併設されてる温泉に入りに行く話。

サービスシーンが目当てにも関わらず、きっちりとアレなものの洗濯が必要なので、
という理由があって、素晴らしく残念で良かったです。

とはいえ、小鷹と幸村以外は女性だからして誰も出てこない、と思いきや、
マリアは幼女なので、小鷹と入る! わけです。
え、小鳩より女性らしい体つきなのに、いいの!?

その辺のサービスシーンは巻頭カラーでお楽しみ下さいということで、
つまり、肝心なのは幸村なわけですよ!

次の話のサブタイでもろバレですが、いやもうほんと騙された!!!

こんなに可愛い子が男の子の訳ない訳ないじゃないか…!

●ついてない話
指摘されても本気にしてなかったそうです。

いや、子供同士ならそうかもしれないけど教師とかお医者さんとかさ…。

しかししかし。指摘されても本気にしてないのは、私達読者がそうなので、
文句は言えないってわけですか。平坂さんマジ策士。

それはそれでもう大びっくりだった訳ですが、
夜空の悔みっぷりがとことん切ない。そりゃそうよね…。

●二学期開始
期末試験の答え合わせはアレだったので、今度は点数比べ。

大体、前と同じですが。

星奈…それは卑屈とはちょっと違うんじゃ…。舐めるはないわー…。

●執事
幸村がメイド改め執事になりました話。

執事…男の人だけの職業じゃないって、いつからこんな時代になったんだろうね…。
ホントいつの間にかなぁ…。

いやでも、ドジっ娘執事が事あるごとにマヨネーズぶちまけるって設定は、
さすがに如何なものかと思いますが。

●乙女ゲヱの世界へようこそ
いろいろ失敗続きの夜空が、気晴らしにガールズサイドなゲームをする話。

ごめんなさい、BLもの=乙女ゲーだと思ってました。
ガールズサイドなモノだけを乙女ゲーって言うのか…。

さておき、夜空がまともにプレイするでもなく、
いつぞやのギャルゲーと同じ顛末に……と思っていたら。
意外にもルートに入ってまともに進んでいたり。

選んだのがちょっと目つきが悪く不良っぽい男、
という辺りにいろいろ見え透いたモノがありますが。

散々、凹んでいたからこれくらいは良いよね、
という平坂さんの優しさですね。わかります。

そしてただの案内役と思いきや、
理科の「気づいてたならいえよおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」発言に泣いた。
あんまりだ…理科可哀想過ぎる…。その後、ナニをしにいくまでの展開を含めて。

●タイムマシン
理科かわいそうです>< 第二弾。
まさかの追い打ちですよ、小鷹この野郎爆発するか!?

でもこれ、理科がドMなので、小鷹がプレッシャーかけるほどに、
本当にとんでもない発明をしそうな…。

実際、タイムマシン作ってきてるんですけどね!

過去のみ、意識のみってそれは割とタイムマシンの正しい姿なんじゃ…。
全然、制限事項じゃないと思われ。

そしてタイムマシンを使った小鷹がポロッと漏らした事で、
なにやら次巻への導入になってるみたいですが。

…バレたからどうなの? という気はする。
星奈がヤバいと思い知って、猛烈アタックかけるフラグ?

それでは、また。


関連

僕は友達が少ない 4

ラノベ部 3

ねくろま∞。

|

« 電撃文庫『ヴィークルエンド』 | トップページ | MF文庫J『Xの魔王 3』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/50410835

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『僕は友達が少ない 5』:

« 電撃文庫『ヴィークルエンド』 | トップページ | MF文庫J『Xの魔王 3』 »