« 電撃文庫『煉獄姫 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 4』 »

富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 3』

霧の中から襲い来る化け物に、霧でもって対抗する学生達。
そんな中、ヒロインはただそこにある崖をハンドクライムしていたのだった。

…な、熱血異能? ラブコメ? な第3巻。

霧の化け物から、霧使いへと対戦相手を変えて急展開です。

雪姫の一族が奉るシラクモヒメが異世界の人だと分かった所で、
シラクモヒメを連れ戻そうとする刺客、
シラクモヒメを葬ろうとする刺客との戦いへ舞台を移し、防衛戦なお話。

前半は防衛待機のお時間で、榮一がいろいろフラグを立て、
後半は打って出てきた敵に対して、榮一を置き去りに急展開ですよ。

こんなに掛け合いでガンガン進む話だったかしらと思いつつ、
これはこれで楽しからいいやって感じ。

連れ戻そうとする刺客であるところのエイリはあっさりと仲間になって驚き、
榮一と違ってモノ分かりの良い、いい子すぎて二度びっくり!

なんだかんだでお前も榮一なのか! と言いたかったが、
いきなり今巻で退場になってしまって、これはさすがに可哀想…。
とはいえ、イベントを重ねたらそれだけ悲しくなるだけか…。ううむ。

神楽は前巻で出番終わりみたいな話だった割には、
きっちりと榮一のパートナーしてて良かった。「お兄ちゃん」最強だと思います。
ってか、結局、あのベッドシーンは何だったんだ…。
うっかりなのか? 故意なのか? くそぅ、可愛いなぁ…。

コー威醒種の面々は、意外にも普通に敵だった。
…上に、見事に散っていったのも意外だった。正宗君、まさかそこまで…。
誰が活躍したとも言えない、辛勝だったゆえに、
熱血っぷりは控えだったような気がする。

捕らわれのお姫さまだったかすみは、居ない所で株が上がっていたものだから、
榮一に対するアプローチ的には、そこまで効果がないという残念っぷり。
読者だけが知っている。というのはアリなのかどうなのか。

そんなこんなで、戦いが終わったと思ったら、
謎の急展開で最終巻に続く。やっぱ急いでるよなぁ…。

それでは、また。


関連

白夢(スノーミスト) 2

白夢(スノーミスト) 1

円環のパラダイム 1

|

« 電撃文庫『煉獄姫 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 4』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/50015690

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 3』:

« 電撃文庫『煉獄姫 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト) 4』 »