« メディアワークス文庫『六百六十円の事情』 | トップページ | 12月からの買いモノりすとー。 »

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7』

ぬるぬる動くアニメで話題沸騰中の中、
本編シリーズもクライマックスとかなんとか煽られて大変。

ネタばればっかでアニメもろくろく見れないので、
さっさと読んでおくことに。……した方がいいですよ奥さん!!

桐乃のなんちゃって彼氏役を仰せつかってデートをする。

という、それなんて妹モノえろげ? イベントから始まる、
かつてない修羅場シーンのオンパレード。

叫び出したいシーンが幾つもありーので、頑張って我慢していたけれど、
最後には結局、ふおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

耐えられませんでした。いやー、マジ可愛いよくそー。
京介まじ幸せにする気有るんだろうなぁ!?(ピキピキ

ということで、以下は割とネタばれなので未読の方は退避で。

●第一章
桐乃の嘘彼氏として、桐乃とデートする話。

当然のように、高坂兄妹だけの秘密になるわけもなく、
麻奈実に見つかり、加奈子に見つかり、黒猫に見つかり。

誰ひとりにも嘘彼氏という事情を説明せずに、イチャイチャして、
まったくもー! ってくらい桐乃大勝利。

いやー…京介マジへたれだな…。
特に麻奈実かわいそす。それはねーよ京介氏…。

とはいえ、やはり黒猫の動揺しっぷりが、半端なく可愛かった。
「? ??? ??????」という台詞(?)でご飯3杯はいける。

その驚愕が何故イラストになっていない!? と思ったら、カバー裏だった。
目次にも同じのあるけど、下の方ナニカと思ったら小銭だったのか!!

●第二章
あやせさん宅に呼ばれた京介氏が手錠をはめられる話。

桐乃との嘘デート、あやせにバレたら京介死ぬな……と思っていたら、
ソッコーばれてやんの。

自宅の自室に呼び出しとか、あやせサービスし過ぎじゃないのか、と思っていたら
にこやかに手錠をはめるあやせさんで安心した。

とはいえ、手錠かけられる所まで含めて、サービスし過ぎだ。って説もあるな。
頬を染められながら詰られながら手錠かけられるって、確かにそれは可愛い。うん。

いやしかし、あやせに「下着」なんて口走らせるとか、
あやせのベッドに潜り込むとか、本当に京介は変態ですね!

って、これで二章終わりな気がしていたけど、
赤城が妹の部屋のクローゼットにスネークしていた話も二章だった。
そうか、赤城、良い奴だったのにな…。

●第三章
黒猫さんマジ白猫な話。
折込みカラー口絵、永久保存版だと思います。永久保存版だと思います!!

2回目の夏コミは、ゲー研での頒布と、黒猫に乗っかる形での頒布とで、
どちらもサークル参加側のお話に。

ゲー研は凄い勢いでどうでもよくなっていたけど、
桐乃・黒猫・沙織達との同人誌制作/頒布がすごく楽しそう。

まさか前巻でのコスプレをまだ引きずって、黒猫フラグに化けるなんて…。

勝負服で現れる黒猫も大概可愛いですけども、完売しましたで微笑む黒猫が、
もう本当に本当に何と言ったらいいかああああああああ…!!!

さり気にフェイトさんも再出していたが、こんな人だったかなぁ…。
アニメ版ともギャップあって、イメージがぼやける。

●第四章
桐乃の「本当の彼氏」発言に収拾をつける話であるけれど、それよりも、
一番可愛かったのが誰なのか、で読者を何分割にもするであろう罪深きお話。

桐乃、京介、親父、黒猫、あと沙織も入るのかな?

読み終わって冷静に考えると、かなり酷い話だなー。
ほんとーーーーーーーーに、バカなことをしました。本当に!

関係ない人は本当に嘆き損だからなぁ…。親父ェ…。

そんなこんなで事件は収束したけど、解決にはなってないような。
次巻どうなるんだこれ…。

それでは、また。


関連

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 6

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5

ねこシス

|

« メディアワークス文庫『六百六十円の事情』 | トップページ | 12月からの買いモノりすとー。 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/50156895

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7』:

« メディアワークス文庫『六百六十円の事情』 | トップページ | 12月からの買いモノりすとー。 »