« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の火種』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 6』 »

一迅社文庫『白鷺このはにその気は無い!』

『文芸部発マイソロジー』でいろいろはっちゃけた早矢塚かつや先生が、
やっぱりいろいろはっちゃけてみた話?

百合好きはNOタッチを旨とする紳士であり、
意中の相手に告白されたとて揺ぎ無く信念を貫き通すのである。

…的なお話を志瑞祐先生としたがために生まれたのがこの作品!

告白されるシーンから始まるも、
「俺は女の子じゃないから、君とつきあえない」
「君には既に相棒がいるじゃないか!」
と突っぱねる。

大体それでコメディ部分のノリは分かるんじゃないかな、
という感じのお話。

こんな振られ方して、その場で切れて殴り飛ばしておいて、
なお諦めない白鷺このは嬢が実に理不尽ではありますが、
それ以外は割と普通に青春している。ガチな熱血青春モノというのがイイ!

百合好きな紳士であると自負する主人公。
そんな主人公に気に入られようと百合もイケるぜと振る舞う先輩ヒロイン。
ガチ百合に悩むチビッ子ヒロイン。

ホント、熱い青春してますよ。彼ら彼女ら。

自分の事で精いっぱいなのに他の人の事も気にかけてみたり、
ちょっとした一言で自分の信念揺らいでみたり、
間違っていると分かっていても止まらなかったり。

最初の方は本当にアホだったのに、いつの間にか…。
最後まで読んだらやっぱり百合←結論 だからして、
どっかで騙されてるんだとは思いますが。

いや、しかし。どうして主人公に惚れたりしたんだこのはは…。
それさえなければ、丸く収まってるんじゃないのかこの話。

応援度数で言うと、桐佳>朝倉先輩>このは>>>>>鈴木

桐佳はもー、ガチですね。ガチ。
百合をさておいても、実に良かったです。
ツンデレとはちょっと違う素直になれないっぷりがもうね。

このはもちゃんとヒロインしてて、良い所は良いんですが、
やっぱり主人公に惚れた事だけが理解できない。

このはが理解できないなら、先輩も同じじゃないのかという気もしますが、
そこは「好きなモノは好きだから仕方ない」で許せちゃうんですよね。
ってか、先輩まったく良い目見てないので可哀想過ぎるという事かも。

鈴木は……本当にモブになるために出されたという、
その一点だけのネタキャラですが、最後にちゃんと出てこれてよかったね!
ということで。

続いたら逆に驚きですが、早矢塚さんなら、
早矢塚さんならきっとなんとかしてくれる!
志瑞祐先生のために!

それでは、また。


関連

文芸部発マイソロジー 3

みみっく!

やってきたよ、ドルイドさん! 3

|

« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の火種』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 6』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49901221

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『白鷺このはにその気は無い!』:

« 富士見ファンタジア文庫『生徒会の火種』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 6』 »