« 富士見ファンタジア文庫『本日の騎士ミロク 5』 | トップページ | ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 8』 »

電撃文庫『輪環の魔導師 7』

あまりの猫愛に、猫をヒーローにしたばかりか、
ついには脳内猫まで飼い始めた渡瀬草一郎先生。

薄々気づいてはおられるようですが、敢えて言いましょう。
一万五千キロメートルはでかすぎやしませんかね…?

エルフール王国から離れて第二章?
魔族の北天将も暗躍すれば、六賢人である聖人や工人様も動き出す。
不穏加速度が急上昇中の7巻です。

そんな前置きすっかり忘れていたけど、6巻復習したら大体思い出せた。
ありがとう6巻。ありがとう。

ということで、楽人シェリル様と合流して仕切り直しの作戦会議と思いきや、
部族間での内紛が続くサイエントロフへ。

そこでは反政府側に魔族が、政府軍側に聖教会が付いて、
アルカイン達を巻き込み三つ巴の戦いに。

大人物に小物、過去の英雄と新キャラも続々出てきて、いろんなドラマが。
いよいよ渡瀬さん無双ですよ!

最初の方はまったりムードで、イリアード姫マジ天使はお約束として、
アルカインのビビりっぷりがなかなか。
ルナスティア味方になっても変わんないとか、恐るべき妹パワー。

さり気に電撃文庫MAGAZINEの短編で出てきたクレハさんも出てきてけど、
読んでない人には何だこの人的な感じだったんじゃないかしら。
むしろジュリ出して欲しい。
アルカインとホークアイのいるここなら、かなりカオスな事になる予感はず…!

一方でシェリル様は意外と活躍してなくて残念。楽人の神殿まではおあずけ…?
カラーイラストで、セロよりもシェリル様にときめいていたのに。

バトルの見せ場は終盤。シャンヤルル僧院での遭遇戦。
ラダーナ、クリムド、バルマーズの三人組とロンドロンド騎士団の組み合わせで、
小競り合いしてるのも、視点が違って新鮮だったけれど、
とかく南天将と工人の貫録がすごかった! まさにボスクラス。

とはいえ、最後の最後はアルカインが全部持って行くという、
まさにアルカイン劇場。次は雪辱戦ですよ!

それでは、また。


関連

輪環の魔導師 6

猫缶の魔導師(電撃“にせ”ん!!)

ディアルゴの聖女(電撃文庫MAGAZINE Vol.6)

|

« 富士見ファンタジア文庫『本日の騎士ミロク 5』 | トップページ | ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49956934

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『輪環の魔導師 7』:

« 富士見ファンタジア文庫『本日の騎士ミロク 5』 | トップページ | ファミ通文庫『バカとテストと召喚獣 8』 »