« 電撃文庫もくろっく(でんげきったーWeb版) | トップページ | 一迅社文庫『白鷺このはにその気は無い!』 »

富士見ファンタジア文庫『生徒会の火種』

なんかもうこれが出たころにアニメ熱がどうだったかも思い出せない。
そんなこんなで外伝第3巻の通算10冊目。

表紙が実にアレですが、気にしない気にしない。
帯外しても、別に真っ白い足が見えるだけじゃん。
…と思った人なら、なんて事は無いんでしょうね。

最終話だとか、これから読む人のための導入だとか、
修学旅行だとか、生徒会誕生秘話だとか。あとスネカジリ。

やっぱり修学旅行の二年B組な話が、外伝っぽいって感じがする。

●それらしい生徒会
最終話でシリアスにしたらどうか。という話。あるいは鍵が不能。

うー、うーうーうーうー。いや、そんな歌じゃねえですよね?
ということで、いろいろあったけれどフルバに持っていかれた。魂を。

オープニングが物語後半でアレンジされて出てくると感動するって、
だってしょうがないじゃん! 感動しちゃうんだもん!
なんかワンパターンみたいに言うなぁ! と叫びたい。

●学校生活、はう、とぅー
生徒会長桜野くりむの記憶力に従って、ことわざを覚えようのコーナー。
もしくはくりむが動物と戯れる傍ら、読者がことわざの意味を調べさせられる話?

猫に小判は確かにその通りとうなずいてみたり、
生徒会は類友なのだろうかと悩んでみたり、
明鏡止水カッコEEE!! とやっぱりうなずいてみたり。

いやでも明鏡止水とか百花繚乱とか、意味を踏まえてカッコEEEした方が、
よりカッコいいと思うんだが。

●仕切り直す生徒会
それぞれの設定を再確認するお話。

リセットした知弦さんがやばい。すごい有能。
その冷たい目線。本当にラスボスじゃん…。

あとは、ダイジェスト風に今までのすごい所を切り貼りすれば、
まー、どんな話にもなるよね! 短編でこれだけやってるし。
「残響死滅」って本当に便利な言葉になったものよ…。

●二年B組の就寝 ~二年B組の修学旅行 一日目 寝台列車編~
そのまんま。
修学旅行の1日目ですが、移動日ということで寝台列車でバカ話。

基本的には守の今巻唯一の出番であり、全部持って行ってくれます。
すげぇよ。でもパニックになるのも仕方ないよね。
ぶっちゃけ洒落になってないからね。

しかし、寝台列車で男女同室ってどんだけよ…。
そしてその中で、同衾しようぜって会話振るとか、さらにどんだけなのよ…。

とはいえ、巡の大胆発言もあっさりスルーで寂しい限り。
中目黒は………自重しよう。な?

最後に持って行くのは守で良いんだけど、
実際インパクトとしては、深夏の夢日記的なお話が一番印象深い。
え、なに、こういう発想は考えれば出てくるもんなの?葵せきな先生こわい…。

●二年B組の移動 ~二年B組の修学旅行 二日目 バス車内編~
修学旅行の2日目は奈良京都。
清水寺に金閣寺、晴明神社に京都タワーに行く二年B組の面々。

その行く前と行った後を描写する事で、壮絶な観光時の内容を推し測るという趣向。

基本的には鍵が他の皆に突き落とされたり突き落とされたり。
いやな……事件だったね。そんな感じで。美味しい男だなぁ。鍵。

しかし1000回遊べる京都タワー探索に、このメンバーなら勝てる的な判断だったが、
別にそんなに強いメンバーじゃないんじゃ?
深夏だけLv100のチートキャラっぽいけど、他は普通にヘボメンバーな気が。

●二年B組の変身 ~二年B組の修学旅行 三日目 京都自由行動編~
メインイベーント! 巡の念願かなって、鍵と二人でラブラブ京都観光な話。
そんな訳で、巡のテンパりぶりをひたすら楽しむお話ということで。

いや、鍵、気付かないとか有り得んよ…。
と、野暮とは知りつつもツッコミをしたい。

でも巡が幸せそうだからいいか。
幸せすぎて逆に不安になってるような情緒不安定さだけど、
それは享受していい幸せだよ! 難しい事はいいんだよ!

●始まる生徒会―碧陽学園生徒会サーガ エピソード0?―
十年前の生徒会のお話。
生徒会選挙が人気投票になった、その日までの日記。

あるいは、書き手がその気になりさえすれば、
読者とのボケツッコミ戦争はこうも熱くなるものかと、そういう話?

生徒会日記とか、義務化してるとこないのかな。
こういうのが学校のどこかに残ってると楽しいのに。
書き方次第で、どんな変革も面白おかしく出来ると思うんですけどね。
「おはよう、パトラッ○ュ」は笑った。

トリックについては、かなり確定的に明らかだった気もするけど、
そうと分かって読むと、確かにまた違うな。ツンデレかっ!

●忍ぶ生徒会
スニーキングミッション by真冬ちゃんなお話。

スク水姿の真冬ちゃんを携帯電話で操り、着替えがある部室まで誘導するのです!

スク水での出現なんざ、二次元では珍しくも無くなっている昨今だけど、
学校内をスク水で徘徊するってのは、よくよく考えるとすごい図だな、と。

言っちゃなんだが、下着も同然ってことだしなぁ。
でも、よく考えたら昨今はむしろはいてないキャラもデフォなんだからして、
やっぱり一枚でも着てるなら、大したことではない…?

そんな事が現実に起こりっこないので想像も案外難しいというか…。

ところで目薬ってシパシパしてる間に、すっきりするもんなのかしら?

それでは、また。


関連

生徒会の月末

生徒会の日常

生徒会の七光

|

« 電撃文庫もくろっく(でんげきったーWeb版) | トップページ | 一迅社文庫『白鷺このはにその気は無い!』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49900857

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『生徒会の火種』:

« 電撃文庫もくろっく(でんげきったーWeb版) | トップページ | 一迅社文庫『白鷺このはにその気は無い!』 »