« 電撃文庫『とらドラスピンオフ3!』 | トップページ | 電撃文庫『ラプンツェルの翼 4』 »

GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 4』

荘厳な幻獣なんていなかったんや……。

ということで、幻獣による天地を揺るがすボケツッコミを、
あんまり華麗でもなく受け止めたり受け流したりする調停員のおしごと。

いつまででも続けられそうな雰囲気でしたが、4巻にて終幕。

ということで、あまり新しいオルカが出るでもなく、
今までの皆が集まってきて、もふもふして終わりみたいな。

新しく出たのはドッペルゲンガーとゴーレムくらい。
終わった後の短編で、天狗とセイレーンが。

事務所でグダグダしていると、お客さん。
ドアの外に居たのは行方不明だった秋永壱里調停員。
でも、なんだか様子が変で…。という話。

待ちに待った壱里調停員はさほど活躍するでもなく。
前巻で意味深に出てきた、正体不明(笑)のきーちゃん改めリンも、
深弦のフラグクラッシュ能力によって苦笑いで退場。

まー、もうちょっと長く続いていたら、ひでーグダグダっぷりよな!
とか思ったんでしょうけど、まだこれはただのゆるゆる展開ということで、
オッケーでした。
残った謎としては、オリーブなんだったのよ。くらいか。

調停としては、なんかもう深弦はモフモフして終わったんじゃないか、
と、可もなく不可もなく。

ゴーレムはもうちょっと気合いの入ったHIKIKOMORIだと良かったけど、
紙面の都合なのかもしれないですな。

みんな出てきて思う事には、深弦が好かれ過ぎだろJKということと、
グラ子が読者のアイドルすぎて辛いということ。

ケンタウロスさんはまだ分かる。惚れた弱みはいろいろ超越するから。
でも、ほかの奴らってほぼ同性ですよね!?
そんなにモフモフされたいということなのか…。なぜ……。

グラ子はサービス精神の塊過ぎて、これはもう感涙せざるを得ない。
グラ子のとある一日な短編読んでみたいなぁ。
変な決めポーズの練習とかしてる様を!

と、終わるの早いなーと思ったら、GAマガジンの読み切り短編が2つ。

●セシル・ファルコナーの着ぐるみ生活
丸太だったり自動販売機だったりするセシルのとある一日。

というか、天狗の出題した「この橋わたるべからず」の謎に挑む
セシルと深弦のお話。

どう見ても、天狗の残念っぷりを紹介しているだけで、
セシルも深弦もおまけになっているわけですが、これがオルキヌスクオリティ。

ま、深弦はともかく、セシルはちゃんとセシルっぽかったか。
しかしもうちょっとセシルは活躍しても良かったよなぁ…。

●稲朽深弦の鑑定生活
蛇神ヴィーヴルの落っことした目を探す深弦のお話。

ウンディーネやばいな。妖刀村産とかトンボ切とか欲しい!
川に小石を投げ込むだけで、そんなモノが…。

ところで、セイレーンの道場ってのは、
足運びとかどうやって教えるんだろうか。水練?

ということで、4冊の楽しい時間、ありがとうございました。

それでは、また。


関連

オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 3

オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 2

オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 1

|

« 電撃文庫『とらドラスピンオフ3!』 | トップページ | 電撃文庫『ラプンツェルの翼 4』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49486677

この記事へのトラックバック一覧です: GA文庫『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活 4』:

« 電撃文庫『とらドラスピンオフ3!』 | トップページ | 電撃文庫『ラプンツェルの翼 4』 »