« 9月になったら買いたい新刊 | トップページ | MF文庫J『わるぷるキス! 3』 »

電撃文庫『ヘヴィーオブジェクト 2』

核すら通じない巨大兵器「オブジェクト」に生身で立ち向かうという、
夢とロマン溢れるシリーズ2巻。

ナンバリング無しでサブタイトル『採用戦争』だけど、まぁいいよね。
確かに時系列に言及は無いけど、普通にナンバリングでも良いと思うんだが…。

前巻あまりにも華麗な投げっぱなしオチだったので、
単発かとも思ったのですが、続いて何より。

もうほんと、何事も無かったかのように別の作戦です。

前巻に比べると、1冊通しての作戦行動で話が割と続いていたり、
いろんなオブジェクトがとっかえひっかえという訳じゃなかったり、
相手の作戦も周到で一方的にクウェンサー君大勝利! ではなかったり、
お姫様がないがしろにされていたりと、いろいろ雰囲気が違います。

実験してるなー…かまちー。
でも、お姫様ないがしろにしちゃー駄目よ。うん。

●南極大陸制圧戦
南極にいるテロリスト制圧したいけど、氷上だからオブジェクト出撃できないよ!
…という事で、歩兵として出撃するクウェンサーとヘイヴィアな話。

ヘイヴィア掘り下げ話ということで、婚約者さんが登場。
なんかこの口調、どこかで聞き覚えが………シスターアニェーゼ?
と思って、禁書読みなおしてみたが、ここまで極端では無かった。
まだあの頃のかまちーは普通だったって事か。

この話では南極のペンギンより、月面別荘の方が気になった。
ブラインドネットかー。テラフォーミングは夢があるよね!

地球の衛星軌道から、小惑星探査とか月への攻撃って出来るもんなのかしら。
距離的な意味で。天文学的な話はスケール大きすぎて想像が追いつかない。
地球上からすら月を直接攻撃出来そうな世界だし、出来るのかな。

ヘイヴィアの慌てっぷりが、実にカッコ良かったので、
その辺の細かいところはいいか!

●イグアス山岳砲撃戦
今度は逃げたテロリストを追って、オブジェクトでドカンと一発かますよ!
と思ったら、逆に狙い撃たれて超ピンチな話。

なによりも、大出力レールガンすげええええええええ!!!
というのが感想。

光った。当たった。終わった。
って、もう隠し玉ってレベルじゃない。戦況変わり過ぎ!

やっぱりこういうオブジェクトが出てこそ、巨大兵器モノって感じだなぁ。
スペアの兵器で生身の歩兵を狙われても、あんまりテンション上がらなかったし。

その後の、作戦とも呼べない作戦に身を投じるクウェンサー君とか、
何とかすると言いつつ何も考えて無いヘイヴィアとか、無茶振りで楽しかった。

お話的にはフローレイティアさんの掘り下げ話だったのだけど、
しかし、この人がどうしても18歳に見えなくて困る。主に胸的な意味で。
世継ぎは平民思考のクウェンサー君と同じく、聞いても実感ないですし。

それで、お姫様はババロア作ったんだろうか。
クウェンサー君があんなに喜ぶなら、こっそりやりそうな気もする。

●アマゾンシティ総力戦
ゴーストタウンに逃げ込んだテロリスト残党に、
こっちも傷負いながら追撃をかける話。

ステルスオブジェクトのネタばらしという事でもありますが、
これは結構うまいと思った。

とはいえ、中破したオブジェクトに対しては有効だっただけで、
ブレイクキャリアー居なかったらどうよ、というと、
普通に避けられていたんでは。
実績じゃ無くてデータが欲しかっただけだから、それでいいのかな。

軍隊アリの恐ろしさがパネェ話でしたが、退治の仕組みが微妙に分からなかった。
あれは……酸欠ってこと?

あと、スラッダーなんであの場面で、あの場所に居たのかってのも気になった。
オブジェクト鹵獲しに行ったとか?

その辺の謎を残しつつ、やはりどう考えてもお姫様分が足りない。

それでは、また。


関連

ヘヴィーオブジェクト 1

とある魔術の禁書目録 18

とある魔術の禁書目録 17

|

« 9月になったら買いたい新刊 | トップページ | MF文庫J『わるぷるキス! 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49407486

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ヘヴィーオブジェクト 2』:

« 9月になったら買いたい新刊 | トップページ | MF文庫J『わるぷるキス! 3』 »