« MF文庫J『Xの魔王 2』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 4』 »

電撃文庫『レンタル・フルムーン 3』

残念で、残念で、残念で、優しい。
そんなほのぼのラブコメディ。

ラブ寄せだった前巻から打って変わって、
今巻のテーマは、家族愛!

つまり、妹萌えも家族愛だと言いたい訳ですね。分かります。

ちょっぴり失敗が続いているクルン。
なんだかんだでツクモはシンにベタベタしてるし、最近なんだかよそよそしい。

そんなこんなでストレスが降り積もる中、聖獣試験での失敗で、
ついにブチ切れたクルンが満月堂から家出して…。

今回、新たに残念仲間に加わったクルンのお兄さんに、
聖獣王とお付きのバルトさんが、はりきってぶっ飛ばしていつつ、
いつものメンバー、フジエルにラクア、早川さんにサイードなんかも出てきて、
遺憾なく残念っぷりを発揮している安定残念感。

…なんですが、空回りのクルンと意地っ張りのツクモと、
二人のすれ違いっぷり、そして仲直りへの道が、とんでもなく優しくて良い話!

なんという正道。なんというお約束。 そう、それがいい!

次々に地雷を踏みぬき自分を追い込んでいくクルンも、
次々と無自覚に地雷をばら撒いているツクモも、
それを傍から見て分かっていつつも、何も出来ないシンも。

それでいて、ほんのちょっと頑張って、何もかも元通りな終幕も。
いつもは残念オチだけど、今巻は真面目よ! というアットホームオチでした。

しかし、笑っていないクルンは本当に見てて辛い。
笑っていない以外はいつも通りなのだからして、
やはりあの笑顔にクルンの全てが詰まっているという事か。

でも、クルンファッションショーは普通にやればいいと思うよ! 思うよ!

お兄さんは正体現した時の落差がマジパなかった。
間違いなく今巻の残念オブジイヤー。店名ひどすぎる。
でも、ギリギリ一線を踏み越えない程度で良かった。クルンの貞操的な意味で。

あと語るべきはやっぱりツクモということで。
割とあっさり、いろいろ悟ってクルンを連れ戻すべく動いたのはびっくり。
もっと意地張るもんだと思ってた。これもクルンの特別さ加減か。

裏表紙のツクモのアレっぷりは、それこそ裏表紙を見ただけで予想ついていたが、
シンにあそこまで絶好のチャンスが訪れるとは思っていなかった。
女の子が真っ赤になって目をつぶっているというのに、
あー、もー、あのチキン天パめが、怖じ気づきおって!
完全に宮野さんは、頼む相手を間違えている。…間違えてない?

ツクモの鉄面皮はかなりガード固いけど、
それゆえ、シンのいろんなアプローチに、実はいろいろ思う所あるんだろうな、
とか考えちゃうと、胸キュンすぎてやばいので自閉した。

今日もいい日でした!

それでは、また。


関連

レンタル・フルムーン 2

レンタル・フルムーン 1

レンタル・フルムーン SS『パラレルプールサイド』(電撃文庫MAGAZINE Vol.13)

|

« MF文庫J『Xの魔王 2』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 4』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49325531

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『レンタル・フルムーン 3』:

« MF文庫J『Xの魔王 2』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 4』 »