« 電撃文庫『狼と香辛料 13』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は覆さない』 »

講談社BOX『猫物語(黒)』

DVDにあわせて、趣味“猫”パーセントでリリース。
数字ですらなくなっちゃったよ…。

いやほんと、作者楽しそうだな…。
猫とか妹とかパンツとか妹とか。

化物語の前日談。
ゴールデンウィークに羽川さんが猫になる話。
もしくはゴールデンウィークに阿良々木君が妹とイチャつく話。

ということで日常パートとしての前半。
月火ちゃんとの掛け合いが絶好調すぎてヤバイ。

予告とかタイトルからして、羽川さん大活躍だとばかり思っていただけに、
不意打ちですよ。不意打ち。

二度ネタとか時空超越とか、そんなちゃちなモンじゃあ断じてねーですよ。

見開き2ページに渡るパンツ談義が2ページどころじゃなかっただけで、
アニメ終わって完全にぶっ壊れたか西尾維新! などと思ったりもしましたが、
それから50ページもの変態ごっこを見るに、底知れない深淵を覗き込んだ気分?

白か黒かを論じているお前らは、なんでそんなにピンク色なの?
結論として、妹のお金でエロ本買いに行くとか、どうしてどうして、
そんな結論を引き出せたのか、読んでなお不思議。

言葉の魔術師なにやってんの! としか言いようが。

そんなこんなでハイテンションな前フリが前フリなだけに、
俄かにシリアスな羽川さんのお家事情がちょっと霞んで見える…。
おかしいな、その話を読みたくて待っていたはずなのだけど。

ま、阿良々木君が究極的にヘタレだったのもあるし、
羽川さんがやたらと強すぎたのもありますか。

黒と白で上下巻かと思っていたけれど、
黒でゴールデンウィーク終わってしまったので、
そうすると白では何の話になるのだろう。後日談?

鬼スケジュールで刊行予定が決まっていますが、そこはそれ。
傷物語のアニメともども、気を長くして待つ方向で。

それでは、また。


関連

偽物語 下

偽物語 上

真庭語

|

« 電撃文庫『狼と香辛料 13』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は覆さない』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/49170088

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社BOX『猫物語(黒)』:

« 電撃文庫『狼と香辛料 13』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は覆さない』 »