« 電撃文庫『白山さんと黒い鞄 4』 | トップページ | 一迅社文庫『シオンの血族 1』 »

角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 5』

幻書という名の下に何でも有りな、三雲岳斗さんのダークファンタジー。
コミック化×2に、アニメ化に。とんとん拍子ですなぁ。

学園モノの方のコミックは、あんまりダリアン関係ない気がするけど。
でも、単行本になったら買っちゃうんだぜ…。くやしいっ。

カミラにジェシカにと、サブヒロインも充実し、
ついに紅の読姫ラジエルとも大邂逅。
それが特別かと言うと……、いつも通りですけども。

あ、焚書官さんは居ません。

●時刻表
幽霊列車に乗り込む話。
カミラが冒頭に出てきて、幽霊列車の情報を伝えただけで退場で、
ヒューイでなくても「何だったんだ…」と言わざるを得ない。

しかし。 何だじゃなかったそういうことかー!!
見事に引っかかりました。うわ幼女油断した。

お話的には、車掌と刑事さん無能すぎる…が感想ってか、
基本このシリーズって幼女無双だな…ホントに…。

あと、オチそれでいいのか。
サラッと、とんでもない事をしでかしてやいませんか?

●水辺の花
完璧な美を魅せる本のお話。

いや。いやいや。幻書でもなのに、それはドン引きですわ……。
そんな奴とは別れた方がいいよ。あんた正しい。

うっかり本当に幻書で、魅入ってるヒューイを
ダリアンがぶん殴って目を覚まさせるお話もちょっと見てみたいけど。

●猫と読姫
ヒューイが拾ってきた猫がダリアンに懐いて、ダリアン貞操の危機な話。

ただの幼女と野獣なお話も実に可愛くて良かったんですが、
夢見るダリアンな辺りが超展開すぎる。
すげぇ! 猫すげぇ!

ところでこの猫、レギュラー?
居なくなるかと思ったら、そんな事なかったので。

●愚者の書
馬鹿には見えない本の話。

いや、「ばかみたい、ばっかみたい」としか言えないけど、
え、ええっと…?

幻書なの? これが幻書の魔力なの?

●航海日誌
ジェシカ嬢(メイド)と一緒にクルージングツアーなお話。
幻書の新たな形に戦慄というか、いいのかそれでというか。

しかしジェシカ嬢はすっかり打ち解けてますなぁ。
ヒューイと一緒に遭難する仲にまでなるなんてなぁ…。

そんなやっぱりレギュラーか…なジェシカも良かったが、
飛び降りヒューイをゲシゲシするダリアンが、
何気にこの話の中では一番の見もの。

●観測者
世界の歴史を垣間見れる本のお話。
いわゆる、のび○の創生日記。

見た事も無い生物なんかを見て、新商品を作れるような男って、
それかなり素のスペックも高いんじゃ…。もったいない。

オチ的にはこれ、一日一ページってのはあんまり関係ない気もするけど、
まぁ、こまけぇ事は良いな。

●つながりの書
孤独の不安から解き放つ、素晴らしき信仰のお話。

そして黒の読姫と、紅の読姫との邂逅のお話。
教授ってのは、今までも出てきてたんだっけ?

邂逅シーンのラジエルとダリアンが、アホ可愛い。
なにこのコドモの喧嘩。ラジエル、さっきまであんなに悪っぽかったのに。
ところでまじまじ見ると、ラジエルが何だか某白井沙穂に見えてきた。
眼帯と髪型と、似てるよね。

さておき。

他者が居たら、分かりあえないと苦悩して。
分かりあえたら、一人ぼっちだと苦悩して。

なるほど、世に悩みは尽きぬわけだ。

だけど、並行演算はともかく生体電流はそれなんか違くね?
精神つないでも物理的に直列してないじゃん…。

まぁ、某エレクトロマスターさんも、あれ生体電流だろうし、
意外と人間やる気になれば、ビリビリ出来るのかな? わかりません><

エミリエは今巻の駄フラグ役ということで、
でもどっちかというと、ダリアンに立ってるのかな。
今回はぎりぎりせーふ!

それでは、また。


関連

ダンタリアンの書架 4

ダンタリアンの書架 3

アスラクライン 14

|

« 電撃文庫『白山さんと黒い鞄 4』 | トップページ | 一迅社文庫『シオンの血族 1』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48897976

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 5』:

« 電撃文庫『白山さんと黒い鞄 4』 | トップページ | 一迅社文庫『シオンの血族 1』 »