« 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 5』 »

電撃文庫『白山さんと黒い鞄 4』

みんな大好き、異能バトルにラブコメで大勝利間違いなし。
な、個人的に期待値MAXの不思議系学園ラブコメ。

将来の夢はお嫁さん! な白山さんと、幸せの絶頂を体験した九衛と、
痛い目を見るのは呪いじゃなくて異能の力だった平沢衡が、
今巻もまたやらかしてくれます。

合言葉は、平沢衡爆発しろ!

前巻の嫁宣言(違 ですら、うおおいなんだよ進展しちゃったようわー!
とか思っていたわけなんですが、4巻はそれに輪をかけたLOVE寄せっぷり。

ひょんな事から衡に取り憑いた阿頼耶識は、触らず触れず無害そのもの。

しかしながら、衡と添い遂げるべく猛烈アタックをしかける、
空前絶後の強敵だったのです!

あらすじを見ただけでもう涎が止まらない、この素晴らしき設定を見よ!

そんなわけで、情けない姿をさらす衡に、白山さんはオロオロし、
九衛は憤懣やるかたなく、伊織は伊織で爆弾を抱え、青嵐さんはそれどころじゃなく、
遠崎先輩は、マジ鬼畜。

上げて落として、また上げて。
王道そのもののラブコメ展開で、最っっっ高でした!

どこを切り取っても見どころで、掛け替えが無いモンで紹介が難しいのですが、
敢えて選ぶなら、やっぱり九衛が良い役割でなぁ!

前巻からの延長で、「文化祭」というイベントに興味津々な九衛の様子から、
衡と白山さん、そしてムール・ミュールとの関係を見て拗ねる様子。
ブチ切れて訳が分からなく描写から、完全に分からないまでも勇気を振り絞る様。

お前は本当に、良い仕事をしました!

ヤっちゃう所からの、展開の転がりっぷりは実に良かったです。
いざという時、ちゃんと言葉に出来る子は、大好きです!

次いで言うなら、白山さん。
いざという時にちゃんと出来る子なのは知っていたけど、
ぶっちゃけ、今回は何もできないかと思っていました。
なんだかんだで、衡が解決するもんかと。説得されてついて行って終わりかと。

そう、思っていたんです、が!

ちゃんと自分から一歩を踏み出して、決めてくれたもんだから、
なんかもう最後テンションおかしくなって、いまここ!
立った、立った! 白山さんが立った!(心的な意味で)

そうすると、あれあれ平沢衡、君はいったい何したの今回? ってなもんで。
ムール・ミュールとイチャイチャするだけならまだしも、
九衛ストライクの時の台詞なんか、ぶん殴りたくなったもんです。
主人公補正だからって、ここまで鈍感で良いのだろうか。
バトルが無いとからっきしだなぁ…。

そして、騒動の元凶である阿頼耶識、ムール・ミュールはと言うと、
正直、スマンかったと謝りたい。

最後の最後まで、何か裏があるんじゃないかと、まだ豹変しないの? と、
そんな事を思っていましたが、本当の本当に、ただ純粋に恋する乙女でした。
疑って……ご、ごめんなさい…!

こんな展開でもなけりゃ幸せになってほしいよ!
でも白山さんに九衛はもっと幸せになってほしいんだよ
どちらかの花を持っているためには、どちらかの花を捨てなければならない。
その覚悟は、衡だけじゃなく読者も必要ってことかよ…。

さて、これだけ濃厚な焼きもちストーリーだったわけですが、
サブキャラの皆さんも、存在感ばっちりで活躍してました。

第二の焼きもちストーリー、伊織に青嵐さん、宮代が急速に展開。
十叶
も居るよ!

キャラ的にまるで読めないけど、作者的には進めたそうだった青嵐さん。
キャラ的にその気なのは丸わかりだけど、作者的に進める気なのか怪しかった宮代。
この二人が、大激突! ……というほどでもないのかな?
しかし、小競り合いでもあまり想定していなかった展開だったので、
先を読む前にあれよあれよ。
なにより青嵐さんの余裕の無さが意外過ぎて。

こっちはどう決着つけるんだろう…。
というか、伊織、お前は衡ほど鈍くないはずだな?

こうなってくると気になるのが、一人ぼっちの遠崎先輩。
利己主義極まれりで、でもちょっと騒動大きくしすぎじゃない?
と軽くイラッと来てましたが、衡君へのアドバイスを聞いたら、
フライング土下座せざるを得ない。あんた、良い先輩だよ。
なんかしら、このラブコメ時空で良い目を見られると良いのだけど。

さらに今巻では、何気なくヴィヴィとメアもちらっとだけ暴れていたので、
それでも大満足していたり。

最後に、あとがき冒頭が史上稀にみる出来の「オチ」だったので、
これから読む人はあとがきは最後に取っておくべき。

今巻、「星霜紬」の事が無かったら、すげー綺麗に締めちゃってるので、
可及的速やかに続巻刊行予定を出すべき。

それでは、ご一緒に、 平沢衡爆発しろ!

それでは、また。


関連

白山さんと黒い鞄 3

白山さんと黒い鞄 2

白山さんと或る夏の一日(電撃文庫MAGAZINE Vol.11 )

|

« 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 5』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48888048

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『白山さんと黒い鞄 4』:

« 一迅社文庫『文芸部発マイソロジー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『ダンタリアンの書架 5』 »