« 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 | トップページ | 電撃文庫『境界線上のホライゾン 2上』 »

第9回ライトノベル・フェスティバルレポート

よく訓練されたラノベっ子の集い。

というか、ラノベっ子と作家さんと集まってお祭り気分だぜ。
とか、そんな感じのイベント『ライトノベルフェスティバル』に行ってきました。
去年に引き続き、今年も楽しそう!

第9回の今年は板橋で開催。

どこだよ、って思ったのですが、新宿から埼京線ですぐらしい。
じゃあ、秋葉原より時間に余裕あるんだな。ばっちりだぜ☆

と思ったのが運の尽きというか。

前日の徹夜した事もあってギリギり出発でオープニング開始の10:30丁度に
板橋駅到着予定とかそんな感じになってしまって、参ったなぁと思ってたら、
埼京線で線路に人がとか、緊急停止で車両点検しばらくお待ちくださいだとか。

結局入ったの10:50で、最初の催事に大遅刻。超しょんぼり。
ホールで対談聞きながら受付して、受付の人の言葉全然聞いてなかったごめんなさい。

いそいそと空き席に座ってメモ取り出して。

●10時半 ココロの距離の縮め方 ~平坂読・伏見つかさ 対談~
最初は友達居ないラノベっ子御用達の平坂先生と、
妹居ないラノベっ子御用達の伏見先生が対談。

お互いに相手に対して質問しつつ、自分も答えつつという感じで。
前回より結構良い形になっていた気がします。

親睦も深まり「つかさお兄ちゃん!」「おお、妹よ」みたいなコンビになってました。
兄妹の関係になるとは。

質疑で面白かったのは、
 Q.@kirino_kousakaと@kuroneko_datenの中の人って誰なんですか?
    伏→中の人などいない! (小声で)ファンなら察して
 Q.青春時代どうでした?
    平→思い出したくない。思い出したくない!
 Q.今後の予定は?
    平→はがないの次巻が夏ぐらい?
      年内にもう一つ何か発表できるかもかも?
    伏→これから徳島行って、アニメ化のこと喋ってくる
      5月の新刊もよろしくね!

毛と皮の話とか、ロリコンと幼女萌えは違うのだよ慎みたまえ! とか、
エロゲの話とか、全裸主義とか着エロ派だとか、
その辺で超盛り上がっていたけど、とても全世界公開出来ないよ!

友達居ないと豪語していた平坂先生の応援に去年の参加者だった作家さん方が、
何人も会場へ来ていて、10人くらい「俺が、俺達が友達だ!」的なノリでしたが、
断固として平坂先生は友達ではないと仰っていました。ツンデレですね。分かります。

分かる範囲内では赤松中学先生とか、アサウラ先生あたりがいらっしゃったです。
残りの方々は…ちょっとお顔見ても分かんなくて。

対談の後はお昼休みだったのですが、例によってサインくれくれの人だかり。
おふた方とも30分くらいで40人とか捌いてたんじゃないかなぁ…。

速攻、平坂先生に突撃してた女子高生ちゃんズに、平坂先生超うれしそうでした。
一方、伏見先生はすごくテキパキやってた気がする。手馴れている!?

私も平坂先生にサインもらったよ! ありがとうございました。
皆がはがない1巻とか3巻にサインもらってる中、私ラノベ部2巻持ってたのだけど。

●12時~昼休み&ライトノベル試験
今年もラノベ愛を試される試験問題が用意されてました。
試験時間20分で100点満点。

タイムリーさと意外さでもって、本当にこの問題は良くできてると思う。
ラノベ語彙力、中二力、一般教養、ラノベ教養、鬼問題と、
それぞれあっていろいろ試されました。

本が読めてなくて、ラノベ語彙力で多少間違え、
おバカなので一般教養でも1問落としし、ラノベ教養ではポカミス。
鬼問題では運に見放されたということかしら。

今年は正答が配られたので、即座に(´;ω;`)出来るのがイイネ!

●13時~ ラノベトーキートーキー
せっかくだし、イベント参加者で濃い話をしてみるべ? みたいな感じで、
いくつかのテーマの卓を用意して好きなとこに顔出して熱い議論をする。

…というお時間だったはずなのですが。

急遽、しおりに名前の無いゲスト作家さん達と交流する卓が出来て、
そこに参加者超集中。いや、まぁ、そりゃそうだ。
全体の3/4くらい集まってたんじゃないかなぁ。

私も気になったのですが、他のところが寂しそう過ぎて、
「ラノベヒロインを語ろう」の卓へ参加しました。

10人強くらいだったかな?
そこまで濃い話でもなく各人の嫁紹介というか、嫁のでる作品紹介というか。
やっぱツンデレだよねー、みたいな結論が出たような出なかったような。
しかし来年はやはり男の娘ヒロインについて語っているかもしれない…。なんて。

富士見でこの前デビューされた入江君人先生山田有先生が来てくれて、
先生方の話を聞いてるのがメインだったです。

入江先生が、主人公とかメインヒロインとかってそもそも意識した事なくて、
サブヒロインとかメインヒロインの派閥争いのなんと不毛な事よ…とか。
山田先生が自分の作品のヒロインは自身の妄想の産物だから、
読者の反応があれれー? という事になると凹むーとか、そんな事を言ってました?

楽しかったですが、他の卓の様子はさっぱり分からず。
ゲスト卓は別枠が良かったなぁ。緊急企画だろうから仕方ないけど。

●14時~ ガトウ式青春講座
いよいよ皆大好き『フルメタ』作者の賀東先生登場。

色んな話をされていたんですが、
とかく、スパロボとACEに「アーバレスト」登場の話された時の、
あの嬉しそうな顔が忘れられない!
にじみ出るリアルロボット大好き臭。
こういう作家さんは大好きです。好きで好きでたまらない的な。

他、気になったところとしては、
ガガガで始まってる『コップクラフト』は、
以前竹書房で出した『ドラグネット・ミラージュ』の再出発という話を聞いて、
この辺は諸般の事情でやむを得ないですが、あらすじが結構面白そう。

あと、ヒロインさんが巨乳→貧乳になったのは、最近のヒット作品の傾向を見た結果。
男キャラは結構拘るけど、女キャラは編集さんなどのアドバイス通りにする事が多い。
という、ヒロインさんの話が笑った。

ボン太君ぬいぐるみ商品化は、富士見へプッシュしているがなかなか実現しない。
という事も仰っていて、もーっとプッシュしてみるそうで期待大。

で、今後の予定はというと。
『フルメタ』の最終巻は約束の春は無理だったけど、夏なら間違いなさそう。
ふもっふ的な同窓会なのも別に出したい。とか。
別の話も考えててそのうち明かせるかも? なんて。

いやほんと、みんなフルメタ大好きだな!

●エンディング
お待ちかね。ライトノベル試験結果発表。

3位は…79点で平坂先生! ちょ、去年に続いて強豪!
    ライトノベルグッズ詰め合わせって、何が入ってたんだろう。

2位が…85点で今回のゲストさんサイン入り色紙
1位が…93点でゲストさんサイン入り賞状

だったです。

ちなみに私は77点。うー。ポカミス痛い。
並んでる他の方の点数を見るに、平均点は60強くらいかなぁ。

最後に平坂先生が退場の際(登場の時も?)に被っていた馬のお面。
これを賭けたじゃんけん大会。なにその余り物…。

でも貰った女の方は嬉しそう(?)だったからいいか。

という事で、今年も貴重なお話がいろいろ聞けて楽しかったです!
ゲストの作家様方、運営の皆様、参加者各位、ありがとうございました。

来年は10周年だからお泊り会するとかって話だったけど、
それはそれで楽しそう…かな?
さすがにそれは野郎100%になるのかなw

それでは、また。


関連

第8回ライトノベル・フェスティバル初体験レポート

|

« 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 | トップページ | 電撃文庫『境界線上のホライゾン 2上』 »

99_感想・予定まとめ・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48249239

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回ライトノベル・フェスティバルレポート:

« 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 | トップページ | 電撃文庫『境界線上のホライゾン 2上』 »