« 4月からの新刊気になるリスト | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の暗黒兎騎士』 »

メディアワークス文庫『黒方の鬼』

渡瀬さんのデビュー作『陰陽ノ京』が帰ってきたー!

平安京を舞台にした幻想譚。久しぶり。

「月風譚」という事で、外伝シリーズの位置づけなのか、
単純にMW文庫で再出発なのか。

とはいえ、いつもの保胤さんと時継さんのお話ではなく、
出来る無頼者、加茂光榮のお話。

左大臣である藤原実頼に呪詛が飛ばされ、
政変を懸念して極秘裏に調査を命じられた光榮。

実頼の周りに怪しい娘さんが居たり、下級役人さんが不穏だったり、
そして呪詛と共に現れたのが「黒方」の香を纏った鬼で…。

得体の知れない妖物と、人を食ったような陰陽師と、
化かし化かされのやり合いが、実に良いですね。

あるいは保胤さんだと、普通に騙されて終わりかも知れない所を、
なかなか底が知れない光榮だったからこそかも。

光榮は良い所全部持ってった上に、おせっかいお爺ちゃんのおかげで、
藤乃とフラグが立ったような立ってないようなですが、さてさて。

あとは名前読みづらかったり、家系図がややこしかったりで、
すごく読みにくいような印象を持っていたんですが、
思っていたほど時間かからなかったのがちょっと驚き。

そして保胤さんと時継に出番が無いのに、
吉平と貴年の二人は相変わらずのご関係できっちり出てきます。
なんかもう別の意味でテンションあがる!

「寒いから抱えてもいい?」って、うはー!
いいぞ、もっとやれ! 本当に貴年君は、良い赤面キャラですね!

最後になにやら兼良さんの引きで終わったので、まだまだ続く。

それでは、また。


関連

輪環の魔導師 6

輪環の魔導師 5

空ノ鐘の響く惑星で 外伝

|

« 4月からの新刊気になるリスト | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の暗黒兎騎士』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48080424

この記事へのトラックバック一覧です: メディアワークス文庫『黒方の鬼』:

« 4月からの新刊気になるリスト | トップページ | ファミ通文庫『鋼鉄の暗黒兎騎士』 »