« 電撃文庫『天穹のカムイ』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 »

MF文庫J『僕は友達が少ない 3』

小鳩に見とれてばっかでオビ見てなかったから、
今の今までコミック化知らなかった…。

という訳で、メディアミックスも決まったらしい残念コメディ。

おめでとうおめでとう。

2巻でとりあえず全員そろったと言う事で、
どんどんイベントこなすよ! って感じ。

夏休み編。

プール、合宿、夏祭り。

これで「≠リア充」とかって、小鷹は何様なの?
って、誰もが思うだろうけど、羨む以上に楽しそうなので許す!

友達への渇望、それが満たされた時の満ち足りた様。

それを見てると「お前もうリア充だからこれ以上はいいだろ?」とは、
とても言えないというか。

でもやっぱ悔しいから、小鷹の眼中になさそうな小鳩はもらっていきますね。

初っ端で日の光に負けてお外に出られない小鳩を見たときは、
あれ? 小鳩参入と見せかけて結局サブヒロインフラグ? とか思ったのですが、
すまん、ありゃあ、うそだった。

あれこそ真の姿開放フラグだったんだな。すげぇ迂遠だけど。
と言う事で「拘束術式解除」の小鳩がやばい。具体的にはアングルが。
感化される所までは想像できたが、まさか目の前でやるとは。

1巻の時とは訳が違うよ! 仲良しどころの話じゃないよ!
今巻、たくさんの方が裸をさらしていたけど、
小鳩に関しては裸以上に注目すべき所がある点で抜きん出ている。
ああもう、小鳩可愛いよ小鳩(性的な意味で無く)

次点では、やっぱり星奈がお茶目でいいね!
隣人部において重要な要素である「友達への渇望」が滲みすぎててやばい。

今巻で言うと「鳴らない電話」
アレだけいじられててなお夜空のメアド欲しがるとか、本当に友達欲しいんだなぁ。
小鷹はラブコメ的に普通だけど、こうなってくるとフラグ折れてるんじゃね?
とか思ってしまう。

まぁ、お父様と挨拶済ませて、これでフラグ折れてるとか、
そんなびっくり展開はびっくりすぎるが。
しかしお父様、めちゃめちゃカッコ良かったな!

お手本のようなド直球の人だった。残念的な意味で。
でもその残念さが「友達」をキーワードにしてて、ガツンとやられた。
これは本当にうまーくやられてしまった、という感じで。

そしてもう一人の裸は、幸村。
小鷹は何で今巻で一番幸村の裸に反応してるの?
小鳩は眼中に無いし、星奈も冷静に受け流しておいて。
それでいいの?

でもって、最後の最後に見せたのが、夜空ってことで。
相も変わらず星奈いじめに余念が無い夜空だったけれど、
本当に最後の最後で。
これは誰にとっての大きな一歩なのやら。

とはいえ、犠牲も大きい気がしますが。だって女の子だもん。

マリアと理科は見せ場が無かった訳じゃないけど、
大人しかったんじゃないかしら。
というか、小鷹と二人きりになってないからか。

それでは、また。


関連

僕は友達が少ない 2

ラノベ部 3

みみっく!

|

« 電撃文庫『天穹のカムイ』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48201356

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『僕は友達が少ない 3』:

« 電撃文庫『天穹のカムイ』 | トップページ | 電撃文庫『空ろの箱と零のマリア 3』 »