« メディアワークス文庫『黒方の鬼』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は閃かない』 »

ファミ通文庫『鋼鉄の暗黒兎騎士』

くろうさぎ!? なんか新しいの始まった! すげぃ!
と思ったら、短編集。 はめられた!

なんかタイトルぴったり過ぎて、
その可能性は考慮しなかったなぁ…。

ということで、
FBオンラインに載ったのと、書下ろしと。

●鋼鉄の暗黒兎騎士
その者黒き鋼を纏いて、血色の野に降り立つべし。
すげぃ違和感ない表紙ですが、ガブリエラがついに魔王として君臨する話。

…ではなくて、団長になってお祝いされる話。
あれ、なんか話飛んだよ!?

まぁ、それはそれで。続きが出なくならない限りは問題なし。

出オチの感はありますが、この迫力やいかなるものか。
黒く彩られたガブリエラの活躍にご期待ください。
暗黒剣くらいは使えるようになるよね。

●天翔る黒き翼の娘
ガブリエラさんじゅういっさい。の話。
なにやら因縁有り気だったドゥイエンヌさんとの出会い話とも言う。

ドゥイエンヌさんはとてもらしいお子様姿で、安心するけど、
ガブリエラがすげー、いじめられっ子臭漂わせてて、ちょっと意外。

うまく立ち回るわけじゃないのか。
まぁ、そういう賢しらさではないか。

●わたしが死んだ日
暗器が得意なデイレィさんの過去のお話。
FBオンラインで読んだとき、その血まみれさ加減にびっくりした。

壮絶というか凄絶というか。デイレィさんかわいそす。
お兄さん、なぜころたし。

それに増して、セリノス、ノエルノード姉妹が怖い。
あれ、そういうキャラだっけ?

たまに前触れ無くパワーインフレするからこのお話は怖いんだ。

●必ずあたしが戻してあげる
何歳なんだか良く分からないアフレアさんのお話。

シゥビーニュの変幻自在さが便利すぎて吹いた。
フリフリだったり出るとこ出たりの表現って、要らないですよね!?
全裸は……まぁ、自然だな。うん。

謎だけが残るお話ではあるんですが、そのうち回収されるのかな。

●初めての出会い ヨーコ編
ヨーコ隊長と、アルゴラ隊長の出会いの物語を2回に分けて。

なんで遊撃小隊がその話を根掘り葉掘り聞きだしているのか、
まず、話はそこからじゃない?

でも結局、居合い一閃のお話なのでそんなにいろいろある訳じゃない。
ヨーコ隊長が挑発に乗ってぐわー、という感じ。

刀珍しいのに、試合用の刃を潰した刀なんて、
誰がどこから取り出したのか気になって仕方ない。

あと、相棒さんとやらは、後で出てきたりするんだろうか。
刀対刀、みたいな。

●初めての出会い アルゴラ編
傲岸不遜でよゆー勝ちみたいに書かれていたヨーコ視点の裏側。

アルゴラさん無双はこうして組みあがったのだ! みたいな。
そんな感じにカモフラージュしつつ、実際のところは、
ヨーコ視点では描かれなかった、アルゴラさん勝利後の余韻を楽しむ話。
絶対、この場面を書きたかっただけだと思う。

レフレンシア様、なぜ止めたぁぁぁ!?

ヨーコ入団秘話に関しては、あれもう詐欺でもなんでもないよ。
流浪人が契約書に縛られると思うのはいかがなものか。

●「梟亭」の三姉妹
何重のスパイなんだか分からない新雛小隊のアスカさんの過去話。

普通に何でも屋だったころの方々と、たまの休みで温泉旅行。
混浴で楽しませておいて、日が沈んだらぐっさり。
戦闘の場面が省略されるくらいあっさりと。

アーネが可愛いと思ってたら、人間失格だった。
すげぃ台詞かぶってますが、いいの?

●超おまけ的白兎女学院剣騒記(序章)
白兎騎士団が学園モノだったら…? 的なif話。

序章という名は間違いなく、
ガブリエラが5人パーティを組んで、さぁ、戦闘の始まりだ!
といったところでおしまい。

面白そうだけど、これだけだとさすがになんとも…。

●鋼鉄の白兎騎士団pitit
FBオンラインでチラっとやってたコミック? みたいな何か。

デイレィ、まだ大丈夫だから! 諦めたらそこで試合終(ry

それでは、また。


関連

鋼鉄の白兎騎士団 9

鋼鉄の白兎騎士団 8

鋼鉄の白兎騎士団 7

|

« メディアワークス文庫『黒方の鬼』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は閃かない』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/48089634

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『鋼鉄の暗黒兎騎士』:

« メディアワークス文庫『黒方の鬼』 | トップページ | メディアワークス文庫『探偵・花咲太郎は閃かない』 »