« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 8』 | トップページ | 2009年下半期ライトノベルサイト杯投票 »

電撃文庫『アスラクライン 13』

アニメはさっぱり見なかったけど、まぁいいやな。

2順目の世界の謎を巡るサイエンスっぽいファンタジー。
いよいよクライマックス。

随分前から驚かされっぱなしだけども。

1順目の世界でアニアやら橘高さんやら直貴やらに、
いろいろ教わりつつ、謎が明かされつつで、
2順目の世界で部長とラストバトっちゃう? だった前巻の続き。

もちろん、部長とのラストバトルです。

帰ってきたら帰ってきたでいろいろ激変していたり、
今まで出てきた人が敵も味方も集まってきたり、
なんだかパワーインフレってたりと、
すんごい王道RPGのエンディングちっく。

小説というよりゲームな印象なのは、何でだろう?

それでも前半パートは比較的今までどおりのアスラクで、
トモがバカやってて、これ本当に終わるのか大丈夫か? と心配なほど。

そんな気分で迎えた後半で、部長と愉快な仲間達とが現れて、
あ、れ……これで終わり? というほどの完勝。

氷羽子とか真日和なんかはいいけど、部長もっと頑張れよ!?
グハハハハ!みたいな感じで余裕ぶっこいて、
積み上げてきた計画あっという間に崩れてんじゃん!

挙句の果てに、「お前さえ居なければ夏目…!」って、
どんだけ小物なんだ…。

返して! 11巻での超大物な部長を返して!
という壮絶なラストバトルでござんした。

部長よ…何人も機巧魔神壊して、副葬処女殺しておいて、
自分のときでそれはないわー…。

なんと言うか、ラストまで生き残った人は良いかもしらんが、
退場者がひたすら報われなさ過ぎる…。

で、その後の真・ラストバトルですが。
アニアの祝福が見れただけで良しとするしかない。

いろいろどうなったのか分からないけど、
和葉ちゃんが出てきちゃったら仕方ないしな。
この期に及んでヒロイン増やすのか…。良いけどさ!

それでは、また。


関連

アスラクライン 12

アスラクライン 11

アスラクライン 10

|

« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 8』 | トップページ | 2009年下半期ライトノベルサイト杯投票 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/47552263

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『アスラクライン 13』:

« 電撃文庫『C3 -シーキューブ- 8』 | トップページ | 2009年下半期ライトノベルサイト杯投票 »