« 一迅社文庫『円環のパラダイム 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト 2)』 »

電撃文庫MAGAZINE Vol.10

え、えーと、10月発売号です。
いまさら読みました。はい。積んでました。

メディアワークス文庫創刊のお知らせとか、秋アニメの話題がいっぱい。
…はい、スルーします。

そうすると、ほとんど読むものが残っていないと言う。
時間あれば読むんだけど…。

●多摩湖さんと脱衣ポーカー
毎号載ってる入間人間氏の新作。

今回は文体がやたら凝ったものではなく、
普通に『電波女と青春男』の世界。

お馬鹿な男女で馬鹿ップルばりばり路線。
ラブラブカップルで「脱衣ポーカー」とかもうね。

多摩湖さんちょっと頭のネジが緩いと見せかけてやり手なキャラ、
と見せかけて、普通にただ頭のネジが緩いだけってのが、非常に素晴らしい。

黄鶏君もツッコミに入るかと見せかけて、共倒れでボケに回るから、
BAKAが止まらない。

部室(?)とはいえ、学校で脱衣するのもアレだけど、
究極形態になった後の暴露大会が本当に終わっている。
本気にすると本当にやばいが、コメディなので笑ってもいいよね?

コール!

●蜻蛉迷宮
何も無かったことになりました。

まぁ、ベタな展開ですけど由香子かわいそす。
なんか目が輝いてるけど、死亡フラグでないことを祈る。

●竹宮ゆゆこエッセイ
たらこ復権の話。正月気分か、おめでてーなw
いや、間違ってないはずだ。

そして今頃竹宮氏はどーなっていることか…。
新作まだー?

●べにたま・みねもりのぐっとくる話
今回のお題は『ぐっと来る出会い』

と言いつつ、普通に好きなお話はどんなかー、みたいな。
出会い…?

確かにソラから落ちてくる幼女は、ぐっと来ますが。
全裸だったり妖怪だったり風呂壊したりしてもぐっと来ないな。

本当にバカ話を見て、それとはほとんど関係ないイラストを見て、
心和ませるコーナーになりつつあるなー。
だが、それがいい。

●橋本紡スペシャルエッセイ
映画版の『半月』の話。

確かに恵まれているというか、すごい展開を見せているなぁ。
再刊する『半月』どうしよう。

なんだかんだラノベとして面白かったという思いがあるので、
興味はあるが、読むの怖いかも。

●OBSTACLE OVERTURE
今回はレンジャーさん。無口っ娘~。

こういう解説ありきの文章で無口だとかすごいですね!

とりあえず史実におけるレンジャーさんの重宝されっぷりは異常。
ここまで有難がられるだろうか。

モバイルゲームは面白そうなんだけど、パケ代怖くて出来ないです><

●ホライゾン補修教室
面白いよりなにより、まだ2巻読んでない。
全然わかんないw

●ホライゾン課外教室
番外編きたー!

コラムを交えた短編という体か。
補修教室よろしくバカ掛け合いがバカすぎてイイ!

今回はアデーレが先生に何か任されている様子。
コラムはパン焼きについて。

川上さんが焼いたのかな、この昔パン…。ゴクリ。

●ハロウィン娘
……あったなぁ、そんなイベント。

「トリックオアトリート」が工ロく聞こえるようになったら、
もう終わりですかね。人として。

それでは、また。


関連

電撃文庫MAGAZINE Vol.9

電撃パンチランキング

電撃学園RPG文庫

|

« 一迅社文庫『円環のパラダイム 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト 2)』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/47225478

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫MAGAZINE Vol.10:

« 一迅社文庫『円環のパラダイム 1』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『白夢(スノーミスト 2)』 »