« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 3』 | トップページ | 一迅社文庫『死神のキョウ 3』 »

富士見ファンタジア文庫『本日の騎士ミロク 3』

田口仙年堂氏の王道(?)ファンタジー。
基本姿勢は強気!

毎回ちびっ子お姫様が泣かされて、ちょっと遅れて騎士が来るお話。
ウサギは基本的には飾りです。たまにカッコいいですが。

3巻は舞台戻ってジルサニア。
騎士を取り締まる騎士、黒鎖隊に追われるビスマルク隊長だったり、
前巻の引きでアーセージ王子とジュジュの暗殺計画だったり。

国対国でドカーンとやっていた1巻2巻に比べると、
ちょっと盛り上がりには欠けるものの、
赤目隊の面々の過去がチラホラ出てきたり、黒幕も暗躍してたり、
安定して面白い感じ。

1巻2巻が高テンションすぎるのかも。
お祭りに乗じた暗殺話で、特にド派手な戦闘も無いですしねー。

黒鎖隊ってコトで、国内での赤目隊ライバルな話かと思ったらそうではなく。

真面目な公務員様も日々のプレッシャーでプッツンしちゃうとか、
そんな感じだったのが、意外というかなんと言うか。

今巻の見所としては、剣聖様が変な人だということと、
シェンランとコニーのまさかの対面ですかね。

剣聖様は、あとがき的な需要を見込みすぎというか、
でもさすがに二刀流カッコいいと言うか。
ミロクがアホみたく強い設定なので、咬ませ犬臭を漂わせていた頃とは、
またちょっと違う面が出てましたです。

シェンランは2巻から、ドつぼなので、何があってもわくわくしちゃう訳ですが、
今巻、コニーとの絡みが思った以上に良かったです。
さらりと流す感じかと思っていたのに、結構、踏み込んでました。
シェンランも良かったし、コニーも良かった。頑張った!
いずれオウガンが舞台になる日が楽しみ。

ビスマルク隊長は、スポットが当たったようで、
お話的にはマルっと嵌められて迷惑かけただけなので、活躍度を考えるとちょっと。

でも、黒幕との邂逅やら変身シーンなんかで、今後の伏線はばっちり。
ただのウサギでは無かったんだな…。知ってたけど。

あとジュジュは、今回も泣かされちゃうわけですが、
泣かされるどころか、まさぐられて汚されちゃうわけで。
工ロゲだったら、18禁シーンですよ。やばいやばい。

ミロクもっとちゃんと駆けつけて来いよ!!!
と思いつつ、で、ミロクが同じコトやったら殴るの? 殴るの?
とかニヤニヤできたので、まぁ、いいや。

って訳で、次からはまた国めぐりっぽい感じで~。

それでは、また。


関連

本日の騎士ミロク 2

本日の騎士ミロク 1

|

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 3』 | トップページ | 一迅社文庫『死神のキョウ 3』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/47124152

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『本日の騎士ミロク 3』:

« GA文庫『這いよれ! ニャル子さん 3』 | トップページ | 一迅社文庫『死神のキョウ 3』 »