« 12月からの買いたい新刊 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 5』 »

富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 4』

気持ちオコジョなお館様、鏡先生の新シリーズ4冊目。
富士見も押せ押せでやってる看板作品になりつつ。

その成果なのか、この4巻…とても、厚いです…!

相変わらず「リバース」の意味はよく分からないが、
学園ファンタジーでござい。

風呂敷をバンバン広げまくっている最中という感じの4巻。

遥ちゃん奪還作戦をついでにこなし、新キャラ出しつつの、
生徒会のバックボーンだが胡散臭い『軍』とか、道の先にある異世界の方々とか、
ついでに『教会』までをご説明という感じ。

前巻の引きで「えーーーっ!?」となったはいいけど、
その収束では盛り上がらない辺りに何とも言えない気分。
話が大きく動くかと思ったら動かなかった。みたいな。

じゃあ、どこで盛り上がるんだって言うと、やっぱりゲッコー&ミライなんだな。

偉そうな事を言いつつ、コテンパンにのされる俺様会長。
駄目っぽそうな事を言いつつ、本領発揮して大活躍するビリビリ悪魔っ娘。
両者の対比が良かった。美雷が健気過ぎる。

俺様会長はもうちょい増長7していくかと思ってましたが、ここで出る杭。
ただなんだか、やられる過程がファンタジー過ぎてよく分からない。
もうちょい、新任教師さんが如何に強いかを説明してくれても良いと思う。

そして、肝心の主人公、大兎はというと…
幼馴染みの遥ちゃんが攫われて、それを奪還しようという意気込みはいいが、
空回りっぷりに涙せざるを得ない。

このあくまで主人公の大兎を活躍させない空気? かわいそす。
最後でカッコ良い事言いました! な雰囲気もあるにはあるが、
アレってよく考えたら、浮気します宣言だよね?

大兎はヘタレ主人公という訳でもないから、どーも駄目さが目立つ。

ここからどうにか成長するという感じがしないと言うか、
遥とヒメちゃんが不幸になる展開しか思い浮かばないと言うか。

まぁ、どうにかしてくれるんだろう。
いや、どうにかしてくださいお願いします!

新キャラさん達はなんだかどいつもこいつも胡散臭い。
エルフの王様は、月光君が恐れた割りにアレだったし、
新任教師さんは、バカみたく強い事は分かったけど、黒幕でもなさそうだし、
スペルブレイカー兄弟はゲストキャラかと思ったら、次巻であっさり出てくるし、
碧水泉はこの後に及んで何故に一般新キャラ?とか思ったら、生徒会に入ってるし!

新任教師さん以外の今後の役割が分からないよ…。
いや、エルフはもうお役ご免っぽいけど。

待て、次巻! ということか。

それでは、また。


関連

いつか天魔の黒ウサギ 3

いつか天魔の黒ウサギ 2

いつか天魔の黒ウサギ 1

|

« 12月からの買いたい新刊 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 5』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/46995389

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 4』:

« 12月からの買いたい新刊 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ 5』 »